ホーム > がん遺伝子パネル検査について

ここから本文です。

更新日:2020年1月22日

 

がん遺伝子パネル検査について

 がん遺伝子パネル検査(患者さんのがんの診断や治療に役立つ情報を得るために、1回の検査で複数のがん関連遺伝子の変異を調べる検査)が2019年6月より保険適用となりました。

 当院では、2020年1月より、当院でがん治療中(化学療法施行中)の患者さんを対象に、運用を開始いたしました。

 今後当院以外の医療機関に通院されている患者さんも、条件が合えば、当院を受診していただき、この検査が実施できるよう体制の整備をすすめているところです。検査が実施できるようになりましたら、改めてホームページにてご案内いたします。

 

 実施検査

  ・Foundation One CDx がんゲノムプロファイル


検査対象患者

  ① 標準治療がない固形がん患者

  ② 局所進行若しくは転移が認められ標準治療が終了(又は終了見込)となった

   固形がん患者

  ①②のいずれかであって、本検査施行後に、化学療法の適応となる可能性が

  高いと主治医が判断した場合 


 

  担当 腫瘍センター

      がん相談支援センター



 

   



 

 

 

 

 

お問い合わせ

附属病院 中央部門等 腫瘍センター

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-29-4121

診療科

循環器内科 腎臓内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科
脳神経内科 消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科
歯科口腔外科 産婦人科 眼科 小児科 精神科
皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線・核医学科 放射線治療科
麻酔科 救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科
リハビリテーション科 呼吸器外科      

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター めまいセンター 脳卒中センター 乳腺センター