ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門

ここから本文です。

総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門

部門の紹介

総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門の画像 MFICUとはMaternal-Fetal Intensive Care Unit(母体胎児集中治療室)の略です。当院では産科病棟に隣接して、奈良県下唯一の総合周産期母子医療センターとして6床のMFICUを有しており、担当医と看護師が24時間体制で重症患者の受け入れにあたっています。

 国内各地でどのような合併症を抱えた妊婦
さんでも24時間受け入れる「スーパー周産期構想」が進められていますが、当院はその概念が生まれるはるか前から、県下の最後の砦として全ての母児に起こりうる救急疾患を対象とし受け入れてきました。今後も院内他科や県当局のサポートを受けながら、母児の生命を救う使命を果たすべく努力していきます。

部門内容

総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門の表 妊婦に起こりうる全ての救急疾患が対象になります。母体搬送や産褥の搬送、外来からの入院などで担当医が必要と判断する場合にMFICUを使用することになりますが、患者さんご自身や搬送元の先生方にはとくに決定して頂くことはありません。

 MFICUではセントラルモニタや専用の呼吸器配管、独立したトイレや前室など、国の基準によって必要な設備が決まっており、当院のMFICUはこれらの条件を満たしています。また専属医師や看護師配置についても定められた基準に従っています。

 右に、当院の産科診療実績(2014年)を示します。

医療機関の方へ

 当院は産科救急を応需するだけでなく、県内や県外への母体搬送をコントロールする奈良の中心的なセンターの役割を担っております。産科に関わるどのような症例でも、まずはご相談下さい。夜間・休日帯の県外への搬送については県から委託をうけた搬送コーディネータが対応しますが、その取り次ぎも含めて当院が全て手配します。平日は産科病棟、夜間・休日は産婦人科当直医まで直接ご連絡ください。

各部門独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター