ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 中央臨床検査部

ここから本文です。

中央臨床検査部

部門の紹介

中央臨床検査部_画像1中央臨床検査部は昭和35年に中央臨床検査科として発足し、奈良県立医科大学附属病院の中でも最も長い歴史をもつ中央診療施設の一つです。その後、病院の発展とともに設備と検査項目が順次拡充され、現在、50名を超える臨床検査技師が中心となって、年間700万件以上の検査を行い、院内での診療・治療を支えています。また、平成25年には検体検査部門が新しく建設されたE病棟に移転、ワンフロアー化が実現し、臨床現場からのニーズにより正確に、より迅速に対応できる体制の強化を続けています。

業務内容

  • 受付・中央採血室:検査の受付と外来患者の採血業務の管理・運営を行っています。
  • 一般検査領域:尿検査、体液検査、便検査、血液ガス測定やICUなどの院内検査機器管理を行っています。
  • 血液検査領域:赤血球、白血球などの計測や血液像の検査、血液の凝固能の検査などを行っています。
  • 化学領域:血液や体液中の物質の量や酵素活性を測り、肝機能、腎機能などを評価する検査を行っています。
  • 免疫領域:蛋白分画解析、ウイルスの抗体価、各種ホルモン、腫瘍マーカーなどの測定を行っています。
  • 特殊検査領域:腫瘍や血液疾患の治療のための遺伝子検査を行っています。
  • 病原体検査領域:細菌の培養・同定・薬剤感受性検査や、病原体の遺伝子同定検査を行っています。
  • 神経・呼吸器領域:脳波、呼吸機能検査、睡眠ポリソムノグラフィーや術中運動誘発電位検査等を行っています。
  • 循環器領域:各種心電図や心エコー検査を行っています。
  • 超音波検査:中央内視鏡・超音波部にて技師が、腹部、頸部、血管などの超音波検査を行っています。

チーム医療への貢献

当部では日常の検査業務に加えて、院内のチーム医療へも積極的に参画しています。

  • 院内感染対策チーム(ICT):院内での病原性微生物の動きを常に監視し、感染の伝播が起こらないよう活動しています。
  • 糖尿病療養指導:糖尿病センターにおいて自己血糖測定に関与し、正しい機器の扱い方や測定値の見方などについて指導しています。
  • 栄養サポートチーム(NST):臨床検査のデーターを元に栄養指導のための資料作成、情報の提供などを行っています。

教育と研究

医学部医学科の学生実習や院内の研修医・看護師研修の他、検査専門学校の研修生も受け入れ、検査技術を普及・啓蒙し、将来の臨床検査分野の担い手の育成に努めています。
また、部内で各種専門学会への参加と認定資格の取得を推奨し、医学検査学会、臨床検査医学会、臨床検査自動化学会、検査血液学会、臨床微生物学会などでの演題発表や論文投稿を通じて、日々進歩する臨床検査医学の技術の習得と方法の改良に努力を重ねております。

各部門独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター