ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 形成外科

ここから本文です。

形成外科

診療科の紹介

形成外科_画像1形成外科は、再建外科と美容外科という二つの部門に分かれます。
再建外科では、生まれつきの異常、顔の骨折を含むけが、良性または悪性のできものを手術した後の欠損、顔面神経麻痺、眼瞼下垂、床ずれやあざといった、外見上の変形(変色)や機能障害、からだの一部の欠損に対する外科治療を行います。美容外科では、一般的には病気と認められないかたちの変化を外科的に修復して、より美しく、より質の高い生活を送る助けとなることを目標とします。形成外科・美容外科の間に明瞭な境界があるわけではありませんが、当院では基本的には保険診療内で治療を行っています。

診療内容

形成外科は、特定の臓器の病気を治療対象とする外科ではなく、全身のあらゆる部位の異常や形態変化を治療対象としています。
皮膚・軟部組織外科分野では腫瘍の切除摘出を行い、植皮や皮弁などを用い組織の再建を行っています。頭蓋額顔面外科分野では口唇裂、耳介形態異常、眼瞼先天異常に対し治療を行い、顔面骨骨折に対しても診察治療を行っています。
また他の診療科と多くの境界領域を持っており、当院では耳鼻咽喉科、口腔外科、消化器外科、乳腺外科の腫瘍切除後の組織欠損再建の治療を行うことが多いです。耳鼻咽喉科、口腔外科領域では舌口腔再建、顔面骨再建、咽頭再建を行い、消化器外科領域では上部消化管再建時の血管吻合を行っています。乳房の外科は形成外科の一分野ですが、当院では乳腺外科と乳癌に対する一次乳房再建術(一回の手術で乳癌の切除と乳房再建を含む)を行っております。乳房再建にはシリコンインプラントによる人工物再建と有茎・遊離皮弁を使った自家組織による再建法があります。

対象となる疾患

横断的な外科治療を行っています。外傷から悪性腫瘍、慢性疾患、先天異常、美容外科などです。

  • 皮膚軟部組織外科:皮膚良性腫瘍、基底細胞癌・扁平上皮癌・悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍、血管腫・血管奇形、熱傷
  • 頭蓋顎顔面外科:先天性顔面形態異常、眼瞼先天異常、顔面神経麻痺、頭部・顔面・頭頸部再建、顔面骨骨折
  • 体幹部再建・ブレストサージャリー:胸壁欠損、腹壁欠損、腹壁瘢痕ヘルニア、乳房再建

受診される方へ

形成外科_画像2形成外科は、形態異常や変形、欠損、整容的な問題に対して、機能・形態を回復し正常にすることを目的としております。他院、他科からの紹介が多いですが、現在受診されている診療科の先生とよく相談していただき、不明な点がございましたら外来窓口までお問い合わせください。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター