ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 脳卒中センター

ここから本文です。

更新日:2018年7月2日

脳卒中センター

部門の紹介

奈良県立医科大学脳卒中センターは救命センター、脳神経外科、脳神経内科、放射線科などと連動して、年間およそ400件の急性期脳卒中の受け入れを行っています。脳血管障害の急性期治療に対して、24時間体制で先端医療を提供しています。確実な診断と速やかな急性期治療の開始、後遺症を最小限に食い止め回復を促すリハビリテーションを含め、奈良県の脳卒中診療を世界標準に維持するため、横断的多診療体制で理想的な医療提供を目指しています。 

診療内容

6床のStroke Care Unit (SCU)を中心に、脳神経外科および神経内科病棟を中心に急性期治療から早期リハビリテーションまで切れ目のない治療を行います。救急受け入れは、救命センター、脳神経外科、脳神経内科、その他の診療科、または大学病院以外の施設からの紹介によって行われています。診断と治療は脳神経外科医、脳神経内科医、放射線科医から構成される専門医チームによって提供されます。脳卒中および嚥下機能専門看護師によるケアとリハビリチームの早期介入は合併症軽減と迅速な機能回復を促します。また、慢性期のリハビリテーションや療養への病院間の連携もスムーズに行えるよう地域医療連携室による後方支援が得られます。

対象疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の急性期が対象疾患です。3テスラMRIや3DCT血管撮影、超音波装置による確実な診断、脳梗塞に対する急性期血栓溶解剤(tPA)投与、カテーテル治療による急性期血栓回収療法(ステント・リトリーバー)、脳出血に対する内視鏡手術(エンドスコープ・サージェリー)。くも膜下出血に対するハイブリッド手術室におけるクリッピングや血管内治療によるステント併用コイル塞栓術などを積極的に導入しています。
 

受診される方へ

脳卒中センターへの入院受け入れは、高度救命救急センターや二次救急病院からの紹介によります。脳卒中の予防や、気になる症状で受診を希望される方は、お近くの病院の脳神経外科外来や脳神経内科外来にご相談下さい。

診療科

循環器内科 腎臓内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科
脳神経内科 消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科
歯科口腔外科 産婦人科 眼科 小児科 精神科
皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科
麻酔科 救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科
リハビリテーション科 呼吸器外科      

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター めまいセンター 脳卒中センター