ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > ペインセンター

ここから本文です。

ペインセンター

部門の紹介

ペインクリニックは様々な痛みの治療を行う診療科です。当科の特徴は神経ブロック治療です。レントゲン透視装置や超音波装置を駆使して施行し、痛みを緩和します。背髄刺激療法などの低侵襲治療も盛んに行っています。もちろん内服治療、漢方治療など集約的に行っています。

部門内容

良い治療を行うためには診断が重要です。初診の患者様には時間を取ってお話を伺い、神経学的所見を取ります。心理学的検査、レントゲン検査、MRI検査も随時行います。またブロック治療を行う際には、採血を行って全身状態の把握も行います。
ブロック治療:トリガーポイントブロック、硬膜外ブロック、星状神経節ブロック
神経根ブロック、椎間関節ブロック、椎間板ブロック、交感神経節ブロック
三叉神経ブロック、各関節ブロック、腹腔神経叢ブロック、硬膜外自家血パッチなど。
ラジオ波を用いた熱凝固による神経破壊
低侵襲手術:経皮的椎間板髄核摘出、背髄刺激療法
麻薬を含めた内服治療、漢方治療

対象となる疾患

帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛が最も多い疾患です。また当科では頚椎・腰椎疾患、関節痛などの運動器疾患を整形外科医と連携しながら多く診ております。その他、三叉神経痛、頭痛、むち打ち、末梢神経障害、複合性局所疼痛症候群、顔面神経麻痺など様々な病気を対象としております。脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群については豊富な経験を持っております。硬膜外自家血パッチ術は先進医療として認められています。(現在、多汗症に対する交感神経遮断術は施行しておりません。)

受診される方へ

ブロック治療後には10分~1時間程度の安静時関を要します。安静ベッドは10床であるため、患者さんを診察できる数は限られています。このため当科では完全予約制です。初診の患者さんは必ずかかりつけ医から地域連携室で予約を取るようお願いします。お急ぎの際には、直接ペインセンターまでご連絡いただければ、できる限り対応します。
ブロック治療にはいくつかの準備が必要です。普段、服用されているお薬の情報を必ずお持ちください。またブロック治療は危険を伴うため、人手の少ない時間外には基本的に行いません。ご了承ください。

各科外来診療医予定表ページへ
各部門独自ページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター