ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > リハビリテーション科

ここから本文です。

リハビリテーション科

部門の紹介

部長 上野聡 教授 ご挨拶
リハビリテーション部_画像1リハビリテーションの進歩は、その概念の大きなひろがりにともなって、診療形態、診療が目指すゴールも大きく変貌をとげています。「疾病罹患後あるいは術後の廃用からの回復」という従来のイメージから、最近は障害の予防、早期の回復、あるいは障害を持ちながらも職場復帰までの継ぎ目のない包括的な取り組みなど、リハビリが果たす役割が認識されています。生命予後の改善、機能予後の改善、QOLや精神的な安寧、そして嚥下・言語障害などのきめ細かなリハビリテーションを目指しながら、最先端の方法論にとどまらず、最先端の学問的背景を裏付けとしたリハビリテーションを発展させていくことを目指します。

副部長 堀川博誠 病院教授 ご挨拶
リハビリテーション部_画像2リハビリテーション(リハ)の本来の意味は宗教における「復権」です。現在、医療においては病気、怪我などによる日常生活機能の低下した患者に対し、色々な面から評価、治療し、社会への「参加」を支援することが、私たちリハスタッフの仕事です。当院では脳卒中、急性心臓・大血管疾患、多発外傷など緊急に治療を要する患者、がんなどで手術を受けられる患者などに理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。
一方、大学附属病院として、日本リハ医学認定のリハ専門医育成システムを奈良県内のリハ指導医と共同で運営し、中心的な役割を担っています。多くのリハ専門医を育成し、奈良県のリハビリテーションを充実させます。

受診される方へ

当院リハビリテーション部においては、原則外来診療を行っておりません。特定機能病院でもあり、超急性期の患者に対する治療を手厚くするためです。ご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

リハビリテーションにかかる施設基準と療法別件数

  • 施設基準:心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
     脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
     運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
     呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
     がん患者リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 療法別処方件数(平成26年10月)
    理学療法処方:318件(心リハ35、脳リハ130、廃用リハ30、運動器リハ90、呼吸器リハ18、がんリハ15)
    作業療法処方:93件(心リハ2、脳リハ68、廃用リハ7、運動器リハ12、呼吸器リハ1、がんリハ3)
    言語聴覚療法処方:52件(脳リハ46、廃用リハ6)

 

 ※リハビリテーションにかかる技師のページは、中央部門の医療技術センター内にあります。

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター