ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 臨床研究センター

ここから本文です。

更新日:2015年10月2日

臨床研究センター

センターの紹介

臨床研究センター長 笠原正登医療の進歩には新薬や新しい医療機器の開発が欠かせません。 しかし、これらの開発には多くの時間と経験が必要です。これまでの経験と実績をもとに、奈良県立医科大学付属病院ではアカデミア主導の臨床研究開発を推進する目的で臨床研究センターを設立いたしました。
当センターでは、医学研究の中でも特にヒトを対象にした研究である臨床研究 (Clinical Research)を中心に行っており、得られた知見や新薬、新たな手技、医療機器などの成果を皆さんに還元できるように努めております。

センター内容

臨床研究センターは8つの部門で構成されています。

  1. 治験推進部門:臨床試験(Clinical Study)の中で特に新薬の開発や新たな適応拡大を目指す部門です。企業主導および医師主導の治験(Clinical Trial)を推進しています。
  2. 臨床開発推進部門:基礎研究などで発見された新しいシーズ(seeds)を計画的に支援しながら臨床応用まで実現することを目的とした臨床開発を推進しています。
  3. 臨床研究支援部門:市販後臨床試験を中心とした臨床試験の企画立案から試験実施、成果発表に至るまでのすべての部分を支援しています。
  4. データ・品質管理部門:臨床試験の支援においてデータマネジメント業務を中心に実務的な支援を行っています。
  5. 生物統計部門;臨床試験をする上で欠かせない統計学的側面からの支援をいたします。
  6. 産学連携・知財マネジメント部門:アカデミアと産業界をつなげる透明性の高い部門としてまた、知的財産の有効な社会還元の部門として支援を行っています。 集合写真
  7. 広報・教育・普及部門:アカデミアの義務として医学教育だけでなく、社会への有益な情報発信や得られた医療の普及活動を目的として活動しています。
  8. 事務部門:当センターは専門性の高い事業を行うため、専属の事務 部門を設置し、皆様への対応の窓口として支援活動を行っています。

これらの部門はそれぞれが互いに協力しながら独自性の高い臨床研究の推進と臨床応用を目指しています。

センター独自のページへのリンク

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター