ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 周術期管理センター

ここから本文です。

周術期管理センター

部門の紹介

周術期管理センター_画像1周術期管理センターは、奈良県立医科大学附属病院で手術を受けられる患者さんが、安全な質の高い周術期管理を受けていただけるよう、多職種のチームで協力してサポートさせていただくためのセンターです。
外科医、麻酔科医、歯科医、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、管理栄養士、臨床心理士、歯科衛生士、医療ソーシャルワーカー、事務などが共同で、最善のケアができるように配慮させていただきます。
平成26年12月より、患者さんにこのセンターへ来ていただけると、様々な情報を知っていただくことができるスペースが完成しました。日本でも初めてのものになります。これらの活動を通じて、患者さんのアウトカムや満足度を改善していきたいと思います。

部門内容

周術期管理センターでは以下のような業務を行います。
1)看護師によるオリエンテーション
2)麻酔を受けられる患者さんの術前・術後評価
3)口腔機能管理
4)薬剤管理
5)周術期のリハビリテーション
6)その他、必要に応じて、ペースメーカーなどの機器管理、栄養管理、カウンセリング、医療費や退院後支援などの相談など、周術期管理に必要なことを統合的に実施します。
いずれの管理法も、患者さんの術後のアウトカムを改善し満足度を高めるためのものです。

対象となる方へ

麻酔科での全身麻酔などを受けられる患者さんがすべて対象になります。
外来などで手術が決定した段階から周術期管理センターを受診いただき、チームでの周術期管理を実施させていただきます。薬剤管理や麻酔科での術前・術後管理はすべての患者様に実施させていただきます。

受診される方へ

入院期間が長くなり、合併症が比較的高い手術をうけられる患者さん。
薬剤管理や麻酔科での術前・術後管理に加え、術前からの歯科治療、リハビリテーションや栄養管理をなども実施させていただきます。
このような介入が患者さんの予後を改善することが知られています。重症の患者さんでも合併症がなく、短期間で退院できるよう、支援させていただきます。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター