ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 透析部

ここから本文です。

透析部

部門の紹介

透析部_画像1奈良県立医科大学附属病院では1970年12月14日に末期腎不全患者さんに対して病棟2床で血液透析を開始しました。その後、透析患者さんの増加により1981年10月に透析ベッド8床となり、さらに2003年12月13日には透析ベッド15床の中央部門透析部となりました。開設当時は手作りの透析機器で、治療できる患者数も限られていましたが、医療機器の開発ならびに医学の発達により血液透析療法は安全で一般的な治療法となってきています。最近では慢性腎不全以外の疾患においても血液浄化療法が用いられ、治療範囲が拡大し、また腎移植も手掛けています。担当医は日本透析医学会の専門医、指導医を有しており、認定施設でもあります。

部門内容

奈良県立医科大学附属病院は奈良県における多数の透析施設のセンター的役割を担っております。末期腎不全の患者さんの透析導入を行うとともに、奈良県で3,000人以上の維持透析患者さんが合併症で入院された時は担当科とともに透析管理をしております。緊急性のある急性腎不全や術前・術後の急性多臓器不全などに対しても臨床工学技士を含めたスタッフとともに24時間体制で対処しています。一方、奈良県の医療施設より血液透析を含めた種々の血液浄化療法に関する治療相談や腎移植の相談も受け付けており、外来相談は月、木、金です。

対象となる疾患

慢性腎不全に対する透析療法だけでなく、膠原病や自己免疫疾患あるいは重篤な肝臓病などに対する血漿交換、免疫吸着療法、DFPPなどの高度な体外循環療法を行い、新しい治療法として出血性潰瘍性大腸炎やクローン病に対する特殊な吸着膜を用いた白血球除去療法など、多数行っております。また、血液透析に欠かせないシャントトラブルに関しても迅速に入院手術で対応しております。さらに、当院透析部は、腎臓移植にも積極的に関わっています。最近増加してきた血液型の異なる夫婦間腎臓移植において、拒絶反応を防ぐために血漿交換などを行っています。

医療機関の方へ

当院透析部の業務として、末期腎不全あるいはその合併症に対する血液透析療法、種々の病態に対する特殊な血液浄化療法、シャントトラブルならびに腎臓移植に対応しております。適応となる症例がありましたら、適応疾患担当科あるいは当院透析部へ直接ご相談ください。迅速に対応させていただきます。

各部門独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター