ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 栄養管理部

ここから本文です。

栄養管理部

部門の紹介

吉川 雅則 准教授栄養管理部では、食事の提供や相談を通して食べることや栄養に関する様々な情報を提供し、食事療法をお手伝いしています。
また、院内低栄養の改善に努め、治療効果を最大限に引き出すためのお手伝いもしています。この場合、口から食べられる方のみが対象というわけではないため、栄養療法と呼ばれています。

部長:吉川 雅則 病院教授

業務内容

栄養管理部には9名の管理栄養士が在籍し、食事療法と栄養療法のための様々な業務を行っています。

  1. 食事療法
    1.食事提供:毎日約1,900食の入院患者食等を提供しています。食種は約150種類ですが、パンや米飯、粥などの主食選択やアレルギーなどの各種コメントの組み合わせは多岐にわたります。
    2.栄養相談:年間約2,550件の相談に対応しています。
    3.健康増進のための啓発活動:市町村が実施する健康教室や市民講座などで、好ましい食事習慣などについて説明しています。
  2. 栄養療法
    1.栄養サポートチーム(摂食嚥下障害対策チーム)
    2.糖尿病センター業務
    3.褥瘡対策チーム
    4.周術期管理センター業務

いずれのチーム、センターにおいても医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの専門スタッフと連携、協力して治療に参画しています。

対象となる疾患・受診される方へ・医療機関の方へ

  1. 対象となる疾患:食事療法や栄養療法はすべての方が対象です。ただし栄養相談については国の基準で対象が限定されており、制限させていただく場合もあります。
  2. 医療機関の方へ:管理栄養士不在の診療所などから、栄養相談を目的に紹介いただく場合は、当院医師あての紹介状にその旨をご記入ください。かかりつけ医の指示で当院管理栄養士が相談のみを行うことはできません。
  3. 栄養相談を希望される方へ
    初回は医師の指示が必要です。受診時に主治医にご相談ください。原則として予約制になります。
各部門独自ページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター