ホーム > 診療科・部門 > 専門外来 > 新生児・発達外来

ここから本文です。

新生児・発達外来

部門の紹介

 新生児集中治療部門は、新生児集中治療室(NICU)と新生児治療回復室(GCU)から構成されます。NICUは、早産児や内科的あるいは外科的な治療を必要とする病気をもつ全ての赤ちゃんの治療施設です。県内の病院などから出生前に母体搬送され、母体胎児集中治療室(MFICU)に入院後に出生した児や、新生児搬送で入院した児の治療を行います。NICUでは、重症児の呼吸、循環、栄養管理を行います。NICUでは、医師・看護師のほか、新生児専門の臨床工学士、理学療法士、歯科衛生士、薬剤師などが協力して重症の赤ちゃんの治療を行います。

部門内容

 早産児や外科疾患を有する児の出産には、新生児科医師が分娩に立ち合います。呼吸状態が不安定と判断されると、鼻専用のマスクや気管内に細い管を挿入して、人工呼吸管理を行います。NICUでは、呼吸状態や循環が安定するまで保育器内で細心の注意を払い治療をします。呼吸や循環管理は、NICU医師で小児循環専門の医師と新生児専門医師が協力して治療に当たります。特殊な呼吸・循環器疾患では、肺胞を広げる人工肺サーファクタント、肺の血管を広げる一酸化窒素、逆に肺の血管を狭くする窒素療法などを行います。

 早産児では、児への侵襲を少なくするため、血管内に新生児専用の細いカテーテルから循環補助に必要な薬剤の投与を行います。また、十分量の母乳が摂取できるまでは、アミノ酸製剤を静脈内投与し栄養管理を行います。

 入院後の赤ちゃんは、お母様のお腹の子宮内に近い状態に戻すため、赤ちゃんの周りをタオルで囲い、照明や騒音を最小限にしたデイベロップメント・ケアを行います。GCUでは母乳栄養を支援のため、病棟内に2か所の授乳室を設け、助産師による母乳支援を行います。

 新生児外科疾患は小児外科、脳外科、泌尿器科、心臓外科、口腔外科、整形外科医等と協力して治療にあたります。先天性心疾患をはじめ全ての外科疾患の治療が行える、県内で唯一の施設です。また、未熟児網膜症や新生児難聴の診断と治療は、それぞれ専任の眼科医や小児耳鼻医が診療に当たります。退院前には薬剤師による薬剤指導を行います。先天異常や遺伝性疾患では、NICUの臨床遺伝専門医が遺伝相談も含めた診療を行います。

 退院後も在宅医療を必要とする児は、リハビリ理学療法士、歯科医師、歯科衛生士が理学療法や摂食訓練、口腔ケアを指導します。地域連携課の専任スタッフは、退院前に市町村保健師や県内の多くの小児在宅訪問看護ステーションのスタッフ、在宅リハビリ訓練、在宅保育士など、病院外の関係医療スタッフと院内関係者との退院前カンファランスを主催し、地域での支援体制を調整し家族の不安と負担軽減に努めます。在宅人工呼吸管理など高度の医療介入の必要な児は、退院後の予期せぬ急変に対応できるよう、小児医療センターへ転棟後、小児科医や医療工学士とともに退院後に必要な医療技術や在宅ケアに必要な指導を受けて退院します。

 NICU退院後は新生児科医師による新生児外来(毎日午後)に加えて、臨床心理士による発達外来やダウン症児を対象とした赤ちゃん体操などを行い、児の健やかな発達を願いつつ経過観察をします。

スタッフ紹介

    ●西久保 敏也 病院教授(医学博士、日本小児科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児医学会専門医・指導医、臨床遺伝専門医・指導医、日本血液学会専門医・指導医、新生児蘇生法専門コースインストラクター)

    ●内田 優美子 講師(医学博士、日本小児科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児学会専門医、新生児、蘇生法専門コースインストラクター)

    ●林 環 助教 医局長(医学博士、日本小児科学会専門医、日本小児循環器学会専門医・指導医)

    ●釜本 智之 助教 NICU病棟医長(日本小児科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児学会専門医、新生児蘇生法専門コースインストラクター)

    ●中川 隆志 助教 GCU病棟医長(日本小児科学会専門医、日本周産期・新生児学会専門医、新生児、蘇生法専門コースインストラクター)

    ●利根川 仁 助教 外来医長(日本小児科学会専門医)

    ●西本 瑛里 助教(日本小児科学会専門医)

    ●谷 有貴 助教(日本小児科学会専門医)

     他に小児科医師3名、産科・婦人科医師1名

各科外来診療医予定表ページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター