ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 眼科

ここから本文です。

眼科

診療科の紹介

人間は五感から様々な情報を得ています。中でも視覚器官(目)からは、全体の約90%もの多くの情報を得ていると言われています。健全な視機能を維持していくことは円滑な社会生活を送っていくうえで大変重要です。しかし白内障や緑内障、加齢性黄斑変性など、視機能を低下させてしまう疾患はたくさんあります。
眼科では患者さんの視機能の維持や改善のために様々な治療を行っています。点眼や内服を中心とした内科的治療、また手術や処置を中心とした外科的治療など最先端の治療を行っています。

診療内容

眼科_画像1光干渉断層計や蛍光造影眼底撮影、血流測定、多局所網膜電位図測定装置など最新の検査機器を使用し、総合的な診断を行っています。特に加齢性黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜剝離、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する治療を専門としています。それ以外には緑内障、角膜疾患、斜視弱視、神経眼科、涙道疾患などに対する専門的な診療を行っています。

対象となる疾患

白内障などの一般眼科はもちろん、網膜硝子体疾患(網膜剝離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、黄斑前膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性、近視性血管新生黄斑症など)、角膜疾患(角膜炎、角膜混濁、角膜穿孔、水疱性角膜症、円錐角膜など)、緑内障、ぶどう膜炎、涙道・眼窩疾患(鼻涙管閉塞、涙嚢炎など)、小児眼科疾患(斜視、弱視、先天白内障)ほか、眼科領域の疾患すべてを対象としています。

受診される方へ

視力が低下する原因はたくさんあります。また当院は特定機能病院ですので、視力が低下するなど眼科受診が必要と思われた時は、まず近隣の診療所や医院を受診して下さい。そこで当院への紹介が必要と診断された場合には、紹介状を持参し当院を受診して下さい。地域医療連携室を通じて予約していただきますと、外来での待ち時間が短縮できます。なお不明な点などがありましたら、外来窓口までお問い合わせください。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター