ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 放射線科(画像診断・IVR)

ここから本文です。

放射線科(画像診断・IVR)

診療科の紹介

放射線科(画像診断・IVR)_画像1放射線科は「画像診断」と「IVR」という二つの分野を担当しています。
「画像診断」は単純X線・CT・MRIや血管・消化管・尿路などの造影検査を通じて人体のあらゆる臓器を画像診断の手法を用いて精査し、疾患の有無・病態・病期診断を行うものであり、臨床各科の診療に貢献しています。画像診断のうち、血管・胆管などの管を通じて行う造影などの診断手技をそのまま応用して治療に結びつけるものが「IVR(Interventional Radiology):放射線診断手技の治療的応用」です。臨床各科とはカンファレンスを通じて画像診断の詳細やIVRの適応についてコメントし、場合により当科主体で担当するなど診療内容の向上に貢献しています。

診療内容

  • 画像診断:中央放射線部と一体となり、他の臨床各科の依頼を受けて単純X線・CT・MRIや血管・消化管・尿路などの造影検査を行い、日本医学放射線学会認定診断専門医が担当し、正確な診断に直結する情報を提供しています。特にCT/MRIは高精度の機器を使用しており、最先端の研究成果に基づいた検査・診断を行っています。
  • IVR:診断のために行うカテーテルなどを用いて抗がん剤や塞栓物質、ステントとよばれる人工血管・胆管などを注入や留置することで手術に匹敵する効果が得られる治療を行っています。緩和治療としても有効な方法がたくさんあります。手技は日本IVR学会認定専門医・指導医が担当し、外科系医師と連携したハイブリッド手術も行います。

対象となる疾患

画像診断はほとんどの臨床各科の診療において必須の診断法となっており、特に脳神経、呼吸器、心血管、消化器、泌尿生殖器、骨関節などの領域では非常に重要であり、頻繁に画像検査が施行されます。
IVRは画像診断の対象となる疾患がそのまま対象となります。当科では特に血管疾患(頸動脈狭窄症、胸腹部大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症など)消化器疾患(肝臓がん、胆管がん、膵臓がんなど)において独自の外来を開設しており、入院・IVR治療から術後の外来での経過観察まで一貫して担当しております。

受診される方へ

当科で担当しております「画像診断」と「IVR」は一般の外来とはやや異なりますので、まずは現在受診されている診療科の先生とよくご相談の上、その上で放射線科(画像診断・IVR)への受診をご検討ください。なお、不明な点がありましたら、放射線科外来窓口までお問い合わせください。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター