ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 小児科

ここから本文です。

小児科

診療科の紹介

小児科_画像1奈良県立医科大学小児科学教室は未来を担う子どもたちの健康を守り、また、小児医療に対する多様なニーズに対応するべく教室員一同、日夜診療、教育そして研究に励んでいます。

診療内容

奈良医大小児科は診療では一般小児疾患はもとより、血液、腫瘍、循環器、神経、腎臓/膠原病、感染症、内分泌を重点的専門領域としています。平成23年には小児センターが開設され、現在は奈良県下唯一の24時間体制で高度小児医療を実践する施設として機能しています。また、新生児集中治療部では、県下唯一の総合周産期母子医療センター認可施設で、ハイリスク新生児(超低出生体重児、小児外科疾患、先天性心疾患など)の診療を行っています。さらに小児救急医療では救急科や麻酔科・ICUと連携して3次救急医療施設としての役割も担っています。また、多数の関連病院と連携して奈良県下や大阪地区の地域小児医療にも貢献しています。

対象となる疾患

血液(血友病などの凝固異常症)、腫瘍(血液・固形)、循環器(先天性心疾患など)、神経(てんかんなど)、腎臓、膠原病、小児感染症、内分泌、新生児疾患

受診される方へ

当小児科では、一般小児科診療を行うとともに、難治性疾患の治療にも全力をあげて取り組んでいます。難治性疾患の子供たちの中には病気の性質上また各種治療の影響のために極度に免疫力(抵抗力)の低下している子供たちがたくさんいます。この子供たちは、ささいな風邪などの感染症が契機となって、いろいろな合併症を併発してしまいます。従いまして、発熱・咳嗽・鼻汁・下痢・嘔吐などの一般的な風邪症状の方は、まず最寄りの医療機関を受診して頂きますようご協力をお願い致します。

当院の小児科外来の受付は午前11時までとなっております。
それ以降は各専門外来および二次輪番などからの紹介のみとさせていただいております。風邪症状(発熱、下痢、嘔吐)などの一般的症状は最寄りの医療機関または橿原市休日応急診療所をご利用いただきますよう、皆様のご協力をお願い申し上げます。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター