ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 心臓血管外科

ここから本文です。

心臓血管外科

診療科の紹介

私たちは “質の高い外科治療を患者様に提供すること”を目標に掲げ、年間約250例の手術を行っております。大学病院であることを生かし循環器内科、放射線科などの関連各科とも緊密に連絡を取り、最新の検査で正確な診断のもと安全な手術を提供しています。また、心臓、血管の病気は高齢になるほど多くなるため手術を必要とする方も高齢の方が多くなっております。そのため、体の負担をできるだけ軽くする手術(低侵襲手術)を心掛けています。さらに輸血量削減や無輸血手術を目指し、自己血貯血や自己血小板採取などにも積極的に取り組んでいます。

診療内容

冠状動脈バイパス術では体の負担を減らすために人工心肺装置を用いない“心拍動下冠動脈バイパス術”を第一選択肢にしており、90%以上の患者様に行っております。僧帽弁閉鎖不全症では可能な限り人工弁を用いない僧帽弁形成術を行っています。これによりワーファリンが不要であり人工弁の劣化の問題も無く手術の質ひいては生活の質(QOL)が向上しています。胸部大動脈瘤では放射線科と合同チームで最新のステントグラフト治療やステントグラフトと手術治療を合わせた“低侵襲ハイブリッド治療”を行い、良い結果を得ています。閉塞性動脈硬化症では重症の下肢虚血に対して末梢の動脈にバイパス術を行うことで足の切断を避けるように治療しています。腸骨動脈より大腿動脈の病変に対してハイブリッド手術を行うことで体の負担を軽減し長期成績も良好です。新手術棟にはハイブリッド手術専門の部屋が設置されており、さらに低侵襲手術が可能になります。また、経カテーテル的大動脈弁置換術も実施準備を進めています。

対象となる疾患

  • 心 臓 病
冠状動脈疾患(狭心症、心筋梗塞、左室瘤など)
弁膜症(大動脈弁狭窄、大動脈弁閉鎖不全、僧帽弁狭窄、僧帽弁閉鎖不全、三尖弁閉鎖不全など)
心臓腫瘍(粘液腫など)

 

  • 大動脈病

大動脈瘤、大動脈弁輪拡張症(マルファン症候群)、大動脈解離、大動脈炎(高安病、炎症性大動脈瘤など)

 

  • 血 管 病

閉塞性動脈硬化症、ビュルガー病、下肢静脈瘤、リンパ浮腫など

受診される方へ

患者の皆様、ご家族の皆様は大きな病気を抱え、大変不安な気持ちになっておられることとお察しいたします。かかりつけ医や専門内科医より十分に説明を受けておられると思いますが、再度手術治療につきご家族と共に説明させていただきます。その上で最終的な治療方針を決定し、元気に社会復帰していただけるように努めていきます。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター