ホーム > 大学概要 > 公開講座 > 漢方薬シンポジウム2015

ここから本文です。

更新日:2015年9月24日

漢方薬シンポジウム2015 「痛みと漢方」

~生活の中で痛みとどう付き合うか~

「痛み」は、日常生活を健康に送る上で、なくてはならない警告信号です。客観的なものさしはなく、すべて自覚症状(軽い、強い、鈍い、鋭い、ひっぱられるような、刺すような、などなど)に基づいて治療方針を考えていきます。

今回のシンポジウムでは、この「痛み」の病態を科学的に分析し、治療上漢方の考え方をどのように活かすかをシンポジストの先生方にご発表いただき、皆様にご紹介させていただきます。

 

日時

平成27年10月24日(土曜日)13時30分~16時20分 (受付:13時00分~)

※ブース展示は、10時00分~開始します。

場所

奈良県文化会館 国際ホール

奈良県奈良市登大路町6-2

対象者

県民

入場料

無料(要・事前申込 ※詳細は添付チラシにて

講演概要

開会 (13時30分)  

○基調講演(13時40分~)

 「痛みと漢方」

     古家 仁 氏

     (奈良県立医科大学附属病院 病院長 医師

○パネルディスカッション(14時50分~)

 「生活の中で痛みとどうつきあうか ~実際の症例から~」

    コーディネーター

     三谷 和男 氏

     (奈良県立医科大学 大和漢方医学薬学センター 特任教授 医師)

    パネリスト

     古家 仁 氏

               (奈良県立医科大学附属病院 病院長 医師)

     北村 翰男 氏

     (北村薬局 薬剤師)

     野坂 雄治 氏

     (奈良市立奈良病院 栄養室 室長 管理栄養士)

     栃岡 佳樹 氏

     (社会福祉法人恩賜財団済生会奈良病院 リハビリテーション部 技師

      長 理学療法士)

主催

奈良県/ 公立大学法人奈良県立医科大学

問い合わせ先

奈良県医療政策部薬務課 TEL 0742-27-8673

備考

チラシ(PDF:772KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 総務課 総合調整係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-7657