ホーム > 大学概要 > 大学紹介 > 沿革 > 沿革(平成元年~平成18年)

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

沿革(平成元年~平成18年)

平成元年

3月

西運動場整備(13,626平方メートル)

平成元年

4月

附属がんセンターのベータートロン照射室をリニアック室に改修

平成元年

8月

救急医学講座設置

平成2年

3月

附属病院救急棟竣工(1,589.4平方メートル)、集中治療室5床、救急病室15床設置により全870床となる。

平成2年

4月

附属病院救急科設置、2年5月より診療開始

平成2年

6月

第1駐車場整備(8,077平方メートル)

平成3年

4月

附属がんセンター組織改正

平成3年

7月

基礎医学校舎増築(2,493.3平方メートル)

クラブ棟新築竣工(354.9平方メートル)

平成4年

4月

第二本館建設推進本部及び同事務所局設置

平成4年

6月

老人性痴呆疾患センター設置

平成4年

8月

附属病院土曜閉院となる。

平成5年

3月

総合研究棟竣工(5,919.64平方メートル)

平成5年

4月

大学、附属看護専門学校土曜休業となる。

平成5年

10月

総合研究施設部設置

平成5年

11月

総合研究棟共用開始

平成6年

3月

サービス棟竣工(1,340.85平方メートル)

平成6年

4月

附属病院中央診療施設の中央内視鏡室、人工透析室、新生児病室の3室を部に変更(9部3室となる)

平成7年

3月

本学初の公開講座を実施

平成7年

9月

開学50周年記念式典挙行

平成8年

4月

看護短期大学部開学、附属看護専門学校看護学科の募集を停止

附属病院中央診療施設に病院病理部を新設し、人工透析部の名称を透析部に変更(10部3室となる)

平成8年

8月

チェンマイ大学(タイ王国)と学術交流協定を締結

平成8年

11月

附属病院が基幹災害拠点病院に指定される。

平成9年

3月

附属病院B棟(18,250平方メートル)及びエネルギー棟(2,358平方メートル)竣工

平成9年

4月

学生入学定員を100人から95人に変更

附属病院内に救命救急センター設置

平成9年

6月

附属病院B棟供用開始

平成9年

9月

ゲストハウス竣工(171.38平方メートル)

平成11年

1月

病態検査学講座を総合医療・病態検査学講座に変更

附属病院総合診療科設置

平成11年

3月

附属看護専門学校閉校

平成11年

4月

看護短期大学部に専攻科助産学専攻設置

附属病院感染症病棟10床設置により、全880床となる。

附属病院事務部に電算室を設置

平成12年

12月

附属病院外来全面禁煙を実施

平成13年

3月

附属病院感染症病棟(10床)廃止により、全870床となる。

平成13年

4月

附属病院事務部を廃止し、事務局に病院第一課及び病院第二課を設置

オーダリングシステム(医療情報システム)全面稼動

平成13年

7月

附属病院内に精神科救命医療情報センターを設置

平成13年

10月

附属病院外来患者駐車場を有料化整備

平成14年

4月

臨床系の統合型講義の導入

CBTの試行を開始

平成14年

12月

附属病院内に周産期医療センターを開設

平成15年

4月

クリニカル・クラークシップの導入

病理学第一講座を病理診断学講座に変更し臨床医学へ移行

病理学第二講座を病理病態学講座に変更

事務局病院第一課に課内室(医療情報システム室)を設置

事務局病院第二課に医療安全管理部門を設置

平成15年

9月

附属病院救命救急センターを高度救命救急センターに変更

附属病院玄関前整備工事竣工

平成15年

10月

附属病院に感染症センターを開設

附属病院C棟及びエネルギーセンター(二期)竣工

敷地内禁煙(分煙)を実施

平成15年

11月

附属病院が第一種感染症指定医療機関に指定される。

平成16年

3月

附属がんセンターの廃止

附属病院が臨床研修病院に指定される。

平成16年

4月

医学部看護学科を開設

大学院医学研究科を3専攻7領域に再編・整備

教育開発センターを設置

先端医学研究機構を設置(総合研究施設部を吸収)

腫瘍病理学分野を分子病理学講座に変更

腫瘍放射線医学分野を放射線腫瘍医学講座に変更

外科学第一講座を消化器・総合外科学講座に変更

外科学第二講座を脳神経外科学講座に変更

外科学第三講座を胸部・心臓血管外科学講座に変更

総合医療・病態検査学講座を総合医療学講座に変更

附属病院の中央内視鏡部と超音波診断室を統合し、中央内視鏡・超音波部に変更

事務局の再編(総務課研究支援室、教育支援課、病院経営課、病院管理課を設置)

平成16年

12月

福建医科大学(中華人民共和国)と学術交流協定を締結

附属病院が特定承認保健医療機関(高度先進医療)に指定される。

平成17年

1月

先端医学研究機構に医療情報学分野教授が就任

平成17年

3月

定位放射線治療装置(ノバリス)供用開始

平成17年

4月

総務課内に法人化準備室を設置

平成17年

5月

開学60周年記念式典挙行

厳橿会館開設

平成18年

4月

住居医学講座(寄附講座)を設置

衛生学講座を地域健康医学講座に、公衆衛生学講座を健康政策医学講座に変更

附属病院内に医療安全推進室を設置

給食部の名称を栄養管理部に変更

平成18年

5月

先端医学研究機構の研究単位として生命システム医科学分野を開設

平成18年

7月

セカンドオピニオン外来開設

遺伝カウンセリング外来開設

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 総務課 総合調整係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-7657