ホーム > 学部・大学院 > 医学部医学科 > 医学科ポリシー

ここから本文です。

更新日:2016年10月5日

医学科ポリシー

アドミッションポリシー

  1. 医師となる自覚が強く、人を思いやる心をもつ、人間性豊かな人
  2. 患者安全の観点から患者が安心して受診できる医師となれる人
  3. 将来性豊かで、奈良県だけでなく日本、世界の医学界をリードできる人

カリキュラムポリシー

倫理観とプロフェッショナリズムの育成、コミュニケーション教育

教養教育では、自律心の向上と倫理学教育に重点を置く。プロフェッショナリズム、コミュニケーション教育に資するため、早期から、高齢者や乳幼児、障害者の施設を見学する機会を持ち、現場で人間的触れ合いを通じて知識だけでない実践的な医療倫理学的素養を培うカリキュラムを配置する。

医学、医療とこれらに関連する領域の知識、技能、態度の習得

医学の基盤となる知識を早期から段階的に積み上げていく教育カリキュラムを配置する。

  1. 教養教育では語学や自然科学の基本を習得し、生命科学を学ぶための基盤を作り上げるカリキュラムを配置する。
  2. 基礎医学では、医学の根幹となる解剖学、生理学、生化学を学び、さらに、発展的な基礎医学知識を獲得できるように段階的なカリキュラムを配置する。
  3. 臨床医学では、広範な知識と基本的臨床技能を習得できるようなカリキュラムを配置する。知識、技能、態度が共用試験(CBT、OSCE)による全国共通試験でも確認された後に、Student Doctorとして臨床実習に参加させる。
  4. 臨床実習では、診療参加の実態を確保し、医療面接と診療技法を中心に実践的な教育を行う。また、臨床実習の終了時点でアドバンストOSCEを実施し、得られた臨床技能、態度の確認を行う。

国際的な視野と科学的探究心の育成

すべての学生に、研究マインドを涵養するべく、2年次に研究室配属を実施する。関心の高い学生には、早期から生命科学系の研究に参加できるように、6年一貫の「研究医養成コース」を設けている。海外での実習の機会も設ける。

医療を通じた地域社会への貢献

医療システムについての理解を深めることはもちろんであるが、大学内のみならず、奈良県を中心に地域社会、地域医療と関わりを持つ実体験を通じて、奈良の医療を良くしたいという意欲を高める体験型の教育を行っていく。このための6年一貫の「地域基盤型医療教育コース」を設ける。

ディプロマポリシー

所定の期間在学し、カリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、履修規程で定められた卒業に必要な単位と時間数を修得することが学位授与の要件である。卒業時には以下の能力が求められる。

  1. 生命の尊厳と患者の権利を擁護できる高い倫理観とプロフェッショナリズムを身につけている。
  2. 医学とそれに関連する領域の正しい知識を身につけている。
  3. 医療を適切に実践できる知識、技能、態度を身につけている。
  4. 良好な医療コミュニケーション能力を身につけている。
  5. 医学、医療、保健を通じて地域社会へ貢献する意欲と能力を身につけている。
  6. 国際的な視野と科学的探究心を身につけている。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211