ホーム > 学部・大学院 > 大学院医学研究科 > 医学研究科ポリシー

ここから本文です。

更新日:2015年3月18日

医学研究科ポリシー

アドミッションポリシー

  1. 独創的な発想と科学的探究心に富み、豊かな人間性をもつ人
  2. 医学、医療の分野において、高度の知識、技能を習得し、地域社会に貢献する人
  3. 国際的な視野に立ち、高度の研究を通して医学の発展に寄与する人
  4. 研究、教育、臨床のいずれの分野においても指導者となる志をもつ人

カリキュラムポリシー

修士課程

  1. 学院研修プログラムを受講し、専攻する領域と医科学全体の関係をよく理解し、
    幅広い知識、技能を身につけるためのカリキュラムを配置する。
  2. 医科学分野の専門的知識を修得し、新たな研究を企画、展開できる能力を培うた
    めのカリキュラムを配置し、地域社会に貢献する人材を育成する。

博士課程

  1. 大学院研修プログラムの受講と学位公聴会の聴講を通して、高度な医学専門知識を修得し、専攻科目に関連する幅広い知識、技能を身に付けるための必要なカリキュラムを配置する。
  2. 2年次終了時の中間報告会において、研究評価を行うことで、最終年度での研究成果のとりまとめに資する。
  3. 研究指導教員および研究指導補助教員による個別指導カリキュラムによって、自立した研究活動が行える能力を培う。

ディプロマポリシー

修士課程

本大学院に2年以上(優れた研究業績を上げた者については1年以上)在学し、指導
教員の研究分野に所属して研究指導を受け、講義、演習、特別研究の30単位以上修得し、修士論文の審査および最終試験に合格することが、課程の修了と学位授与の必要条件である。

  1. 医科学に関する確かな専門的知識と深い学識を修得している。
  2. 生命科学、社会科学、情報科学などの知識を活用して、研究能力が発揮できる。

博士課程

本大学院に4年以上(優れた研究業績を上げた者については3年以上)在学し、指導
教員の研究分野に所属して研究指導を受け、講義、演習、実験・実習の34単位以上を修得し、博士論文の審査および最終試験に合格することが、課程の修了と学位授与の必要条件である。

  1. 医学に関する高度な学識と研究能力を修得し、未開の領域を切り開く能力と意欲が身についている。
  2. 先端医学・医療に貢献できる高度の専門的な能力が身についている。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211