ホーム > 学部・大学院 > 医学部看護学科 > 授業科目 > 精神看護学

ここから本文です。

更新日:2017年7月13日

精神看護学

精神看護学では、心のしくみと働き、欲求充足と心の健康、自我の発達と心の健康について学習し、心の健康を心理・社会・生理学的側面から総合的に理解します。それを踏まえて、精神科をはじめとするすべての領域において心理療法的に関与できる看護を学びます。

授業では講義形式だけでなく、精神看護における基本実践技術として、援助的コミュニケーションのロールプレイや精神障害者への各種治療援助として、音楽療法やレクリエーション療法を体験的に学習します。

seishinphoto1

 

研究員紹介

講師:橋本顕子
講師:奥田淳

 

 

主な研究テーマ

  • 懐メロを用いた回想法を受けた対象者の体験に関する研究(奈良県明日香村との共同研究)
  • 閉じこもり傾向にある高齢者に対する懐メロを用いた回想法の効果に関する研究(奈良県明日香村との共同研究)
  • 閉じこもり傾向にある地域在住者のQOLに関する研究(奈良県明日香村との共同研究)
  • サイコセラピューティック・ナーシングに関する研究
  • サクセスフルエイジングに関する研究
  • 精神障害を持つ人への社会参加に関する研究
  • 精神看護学における総合実習の実習方法に関する研究

seishinphoto3seishinphoto4

seishinphoto5

 

明日香村との共同研究における精神看護学のポリシー

明日香村との共同研究では、懐メロを用いた回想法を介護予防事業の一環として、地域在住の高齢者に実践し、その実践の評価を研究として行っています。また、懐メロを用いた回想法を実践することができ、その評価を科学的に検証できるように大学院生に教育しています。さらに、地域での教育活動として、懐メロを用いた回想法を活用した高齢者への接し方学習会を開催しました。今後は、地域の医療専門職者に向けて、懐メロを用いた回想法の技術の養成を行います。

精神看護学では、実践・研究・教育を三位一体で向上・発展させていくことを目指しています。そして、実践・研究・教育を臨床や地域に還元することを目指します。



学士課程「看護研究(精神看護学)」の内容

  • 境界性パーソナリティ障害患者の看護に関する研究
  • 精神科患者における暴力・暴言の要因とケアに関する研究
  • 摂食障害の発症要因に関する研究
  • 災害被災者に対する心のケアに関する研究
  • 摂食障害者の家族への援助に関する研究
  • 精神障害者の在宅生活での困難に関する研究
  • 統合失調症患者に対する音楽療法に関する研究
  • 精神疾患患者の家族が抱える生活困難に関する研究


社会貢献(講師)

  • 奈良県下の中堅看護師への看護の中におけるカウンセリング技術の養成とその活用方法についての研修
  • 心理療法的看護のワークショップ
  • 社会復帰施設へのパソコンボランティアのコーディネート
  • 実習指導者講習会
  • 奈良県立医科大学附属病院看護部教育支援者研修

[新人看護師のストレスマネジメント]

[人を育てる対人援助技術]

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211