ホーム > 学部・大学院 > 医学部看護学科 > 授業科目 > 在宅看護学

ここから本文です。

更新日:2016年5月9日

在宅看護学

在宅看護学は、自宅や自宅に代わる生活の場で暮らす療養者とその家族が、健康問題や生活のしづらさを抱えながらも、望む暮らしをどのように実現するのかを探求する学問です。

住み慣れた地域でその人らしく暮らすことができるように、生活史・生活スタイル・価値観等を基盤とし、療養者とその家族の思いを中心に据えて、場の特徴や社会資源の強みを活かし、生活の質の向上を目指す看護を学びます。

 

研究員紹介

教授 小竹 久実子

准教授 奥田 眞紀子

助教 栗田 麻美 (地域看護専門看護師)

助教 羽場 香織

研究テーマ

  • 在宅看護における看護過程に関する研究
  • 看護診断を基盤とした在宅における標準看護計画に関する研究
  • 養育支援訪問事業に関する研究
  • 訪問看護師の継続教育に関する研究
  • 訪問看護師の臨床判断に関する研究
  • 退院支援・調整の実践知に関する研究

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211