ホーム > 学部・大学院 > 大学院看護学研究科 > コースの紹介

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

コースの紹介

看護学コース

看護学コースは、多様な人々の健康ニーズにこたえられる看護学として、健康科学、基礎看護学、成人看護学、高齢者看護学、小児看護学、精神看護学、地域看護学、女性健康・助産学の8つの専門領域で構成しています。特徴の1つは、ヒューマン・ケア能力を基盤とする高度な実践能力と保健福祉医療のリーダーとして社会に貢献できる能力を培うカリキュラムが組まれていることです。さらには、現在のキャリア能力向上に役立つべく、働きながら学べることにあります。

助産学実践コース

助産学実践コースでは、女性健康学と周産期看護学の学びを深めるとともに、研究と高度実践能力を身に付け、国際的にも活躍できる助産師養成を目指しています。助産師が主体的に関わり、快適さと安全性を追求した本学のメディカルバースセンターをはじめ、周産期センター、多くの熟練ナースの活躍する実習施設と助産所での継続実習など充実した実習環境も大きな魅力です。助産師国家試験受験資格が取得可能であるとともに、受胎調節実地指導や新生児蘇生法「専門」Aコース修了認定証の取得が可能です。※助産学実践コースについては、修業中は学業に専念できる者とします。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211