ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 地域医療・健康医学専攻 > 地域保健・健康医学領域 > 法医科学

ここから本文です。

更新日:2016年1月18日

法医科学

研究指導教員

羽竹 勝彦(教授)

講義等の内容

 法医解剖を行ないながら,死因の究明,死後経過時間の推定,年齢推定の方法を学ぶ。また血中一酸化炭素濃度の測定,血中アルコール濃度の測定など各種検査方法を学ぶ。またラットの上腸間膜動脈の摘出や摘出標本を使った等尺性張力の測定方法やCecal Ligation and puncture(CLP)法を用いてマウスに腹膜炎性敗血症モデルを作成し,急性アルコール中毒時に炎症反応が増加する作用機構を血管内皮細胞と血液凝固反応との相互作用の観点から解明する。興味のあるテーマについて研究を実施し,論文の抄読会を行ない,理解を深める。