ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 地域医療・健康医学専攻 > 地域保健・健康医学領域 > 総合臨床病態学

ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

総合臨床病態学

研究指導教員

西尾健治(教授)
藤本 隆(病院教授)
神野正敏(病院教授)

講義等の内容 

1. 総合診療実践に際して用いられる数々の身体所見の新しいエビダンスを集積して発信し、それぞれの身体所見の有用性を証明することを目的とする。
2. 上記の目的に対して、現在までの身体所見のエビダンスの収集法および新たなエビダンスを証明する方法論に関して学ぶ。
3. 全身疾患の契機である、血管内皮傷害に関して造詣を深め、新たな血管内皮傷害マーカーをとおして、各種疾患、特に血栓性疾患に関する血管内皮傷害の関与を明らかにしていく手法に関して学ぶ。
4. ADAMTS13という炎症と血栓という病態の形成に関与している分子が、各種炎症や再灌流傷害に対する治療薬となる可能性に関する研究。
5. 腫瘍に対する分子標的治療法に関する研究。
6. 膠原病に対する病態生理学的研究。
7. 災害時の医療活動に関する研究

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211