ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 地域医療・健康医学専攻 > 発生・発達医学 > 発生・発達医学

ここから本文です。

更新日:2016年1月29日

発生・発達医学

専任教員

高橋 幸博
西久保 敏也

研究内容

講義は、①新生児学総論(高橋幸博。西久保敏也)、②新生児の血液学(高橋幸博。西久保敏也)、③新生児の神経・発達(高橋幸博)、④新生児の代謝疾患((西久保敏也)、⑤先天異常と遺伝カウンセリング(西久保敏也)について行っている。
大学院博士課程の研究では、①トロンボパスを用いた新生児の止血機能、②多機能脳機能解析、③人工心肺装置のいが赤血球形成機序、④気管カニューレの持続吸引法の開発につて指導を行っている。