ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体分子・機能再建医学専攻 > 遺伝子・分子医学領域 > 分子・細胞動態学

ここから本文です。

更新日:2016年1月19日

分子・細胞動態学

専任教員

永渕 昭良

小林 千余子

研究内容

生命現象を分子のレベルで理解することを目標としています。特に、多細胞動物の形作りにおいて、どのように細胞がお互いを認識し、接着しているのか、最終的にそれらがどのように統合されて、個体を構築出来るのか理解することを目指します。具体的には、細胞接着分子と細胞骨格系を含むその制御分子の名称と機能を理解し、細胞の形態・極性・増殖の概念を把握し、さらに細胞の癌化と細胞接着との関連を理解できることを目指します。特に上皮組織構築において細胞間接着分子が果たす役割の詳細について理解することに、力点をおきます。実際には、関連論文を深く読み解くことにより、最新の知識を習得したうえで、次ぎに何を明らかにするべきかを議論し、考える力を養います。