ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体分子・機能再建医学専攻 > 遺伝子・分子医学領域 > 病態機能病理学

ここから本文です。

更新日:2016年1月19日

病態機能病理学

専任教員

小西 登(教授)

研究内容

1.臨床病理学的検討に基づいた疾患の病態解明
2.腫瘍の発生・進展に関する分子病理学的研究
3.腫瘍の病理組織学的多様性と遺伝子変異
4.腫瘍の組織内情報伝達系とアポトーシス
5.腫瘍のホルモン依存性に関する研究
6.腫瘍発生に関わる新規遺伝子のクローニング
7.Epigeneticな遺伝子変異の検索
8.新規腫瘍マーカーの開発と応用