ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体分子・機能再建医学専攻 > 遺伝子・分子医学領域 > 遺伝情報病態学

ここから本文です。

更新日:2018年7月1日

遺伝情報病態学

専任教員

杉江 和馬(教授)

堀川 博誠(准教授)

形岡 博史(准教授)

斎藤 こずえ(准教授)

研究内容

様々な神経筋疾患の診断と臨床分類、錐体外路障害や認知症をきたす神経疾患の運動調節機能、高次機能、病態と遺伝情報との関連について学ぶ。また、末梢神経疾患や筋疾患における神経筋組織を用いた遺伝学的および病理学的解析や、傍腫瘍症候群、重症筋無力症、多発性硬化症などの自己免疫性神経筋疾患の分子機構の解析について理解を深める。さらに、各自のテーマに沿った研究を実施する。また、国際雑誌に掲載された最新の論文の抄読会を行い、理解を深める。神経筋疾患を対象とする遺伝学的および分子生物学的手法を用いた解析により、病態解明と治療法開発につながる研究を目指す。