ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体情報・病態制御医学専攻 > 器官病態制御医学領域 > 糖尿病学

ここから本文です。

更新日:2016年1月19日

糖尿病学

専任教員

石井 均(教授)

赤井 靖宏(准教授)

増谷 剛(助教)

岡田 定規(助教)

研究内容

糖尿病の病態、エネルギー代謝に関する臓器相互作用の理解。合併症の病態と治療法の理解。行動変化理論、医師‐患者関係、糖尿病医療学の学習。
病態に合わせた治療法の習得、糖尿病療養法の体験、チーム医療への参加、地域活動および糖尿病教会活動への参加。
これらを通じて、糖尿病を医学的に理解するとともに、患者の立場から理解することを経験する。それによって、どのような関わり方、医師‐患者関係が糖尿病の治療に必要かを理解する。それが糖尿病医療学である。