ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体情報・病態制御医学専攻 > 生体情報・防御医学領域 > 情報伝達薬理学

ここから本文です。

更新日:2016年1月19日

情報伝達薬理学

専任教員

吉栖 正典(教授)

小澤 健太郎(准教授)

研究内容

薬理学研究を進める上で必要な基礎的知識と方法論を学ぶ。この目的のために、
1)心血管病における酸化ストレスの関与と細胞内情報伝達系について理解を深める。
2)神経変性疾患の分子機構と薬物療法について理解する。
3)プロテオミクス的手法を用いた薬理学について理解する。
以上を学習した後に、指導教員のもと各自テーマに沿って研究を進めるとともに、国際学術誌等に掲載された最新の論文を抄読し、循環器薬理学や中枢神経薬理学への理解を深める。