ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体情報・病態制御医学専攻 > 生体情報・防御医学領域 > 臨床検査医学

ここから本文です。

更新日:2016年1月19日

臨床検査医学

専任教員

山﨑 正晴(准教授)

水野 麗子(講師)

研究内容

臨床検査のサンプリング, 基礎的なデータの読み方, 精度管理と統計学に関する知識を研究の基盤として習得し, 特定の有害事象を取り上げて, 関連する臨床検査項目の抽出とその因果関係の検証, リスクマネジメントの手法を用いた有害事象を未然防止もしくは早期発見プログラムを構築し, その効果を検証することを最終目標とする. また, 循環器生理検査領域での研究を希望する者は心臓超音波を用いた心筋障害の病態生理や早期検出, 予後予測を主要なテーマとして取り組むこととする.