ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体情報・病態制御医学専攻 > 生体情報・防御医学領域 > 神経情報伝達学

ここから本文です。

更新日:2017年2月15日

神経情報伝達学

専任教員

齋藤 康彦(教授)
豊田 ふみよ(准教授)

研究内容

本講座では、大学院生が本講座で現在遂行中の研究に参加して、(1)研究に必要な実験技術を習得し、(2)自ら研究を推進できる能力を身につけ、(3)実験で得られた結果を適切に議論し、(4)論文を作成する力をつけることを目標にしています。本講座の主要な研究テーマは「視線保持の神経機構」と「繁殖行動の発現機構」で、これらに関与する脳幹ニューロンの特性について詳細な解析も行っています。研究方法はパッチクランプ法による電気生理学的研究を中心に、形態学的、分子生物学的、行動学的解析など様々な研究手法も駆使しています。