ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 生体情報・病態制御医学専攻 > 生体情報・防御医学領域 > 侵襲制御・生体管理医学

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

侵襲制御・生体管理医学

専任教員

川口 昌彦

井上 聡己

林 浩伸

研究内容

侵襲制御・生体管理医学では、周術期管理、集中治療、疼痛管理などに関する臨床・基礎研究を行っています。臨床研究では、神経生理モニタリング、脳循環代謝モニタリング、周術期合併症、脳脊髄液減少症、医療の質、血液透析などの研究を主に実施しています。基礎研究では、神経保護、癌の制御、血栓止血、痛みのメカニズムなどの研究を主に行っています。システマチックレビューや多施設共同研究なども実施しています。