HOME 研究概要 Member Tutorial 研究課題1 研究課題2 研究課題3 Publication

嗅覚受容体遺伝子の単一発現の制御機構

 個々の嗅細胞において、嗅覚受容体遺伝子は父方と母方のalleleの中の片方のみが発現することをFISH (fluorescent in situ hybridization) 法を用いて明らかにしました。また、内在性及び外来性の嗅覚受容体遺伝子も相互排他的に発現することをトランスジェニックマウスを用いて明らかにしました。これは、内在性嗅覚受容体遺伝子と、異なる染色体上に挿入された外来性の受容体遺伝子との間において、相互排他的発現の見られることを実験的に示した最初の例として注目され、Nature Neuroscience 誌の表紙を飾り、News and Viewsでも取り上げられました。

mouse
epi
cilla

zone4

脳神経システム医科学分野