HOME 研究概要 Member Tutorial 研究課題1 研究課題2 研究課題3 業績(05年以前) 業績(06年以降)

News! 2018 5月に更新しました

2018年 5月 22-24日
坪井昭夫(教授)が奈良市で開催される 22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018) speaker に選ばれ、発表しますLink
Tsuboi A
, Asahina R, Fujioka M and Takahashi H.
Neural activity-dependent transcription factor Npas4 plays a crucial role in neuronal survival after ischemic stroke.


2018年 5月 1日
坪井昭夫(教授)が 大阪大学大学院生命機能研究科 招聘教授 になりましたLink

2018年 4月 2日 
高橋弘雄 (講師)が 科研費・基盤研究(C)に採択されました。

2018年 4月 2日 
坪井昭夫(教授)が 科研費・基盤研究(B)新学術領域研究「適応回路シフト」(小林和人領域代表)に採択されましたLink

2018年 4月 1日 
坪井昭夫(教授)が 2018年度 喫煙科学研究財団 (3年間)に採択されましたLink

2018年 1月 23日 
坪井昭夫(教授)が 2018年度 大阪大学橋渡し研究戦略的推進プログラム・研究シーズA
(2年間)に採択されましたLink

2018年 1月 14-18日
高橋弘雄 (講師)が 米国 Keystone Resort in Colorado で開催された "Keystone Symposia: State of the Brain: Genetic Dissection of Brain Circuitsand Behavior in Health and Disease” で発表しましたLink
Takahashi H
, Asahina R, Yoshihara S and Tsuboi A.
Neural activity-dependent transcription factor Npas4 plays a crucial role in neuronal survival after ischemic stroke.

2017年 12月 6-9日
高橋弘雄 (講師)が 第40回日本分子生物学会大会(神戸ポートアイランド)で口頭発表に選ばれ、発表しましたLink)。
Takahashi H
, Asahina R, Yoshihara S and Tsuboi A.
Neural activity-dependent transcription factor Npas4 is required for neuroprotection and survival after stroke
(Selected in oral presentations).

2017年 9月 20日
NHKのテレビ番組「チコちゃんに叱られる!」から取材されました。

2017年9月4日    
米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学客員教授クオリティー・エレクトロダイナミクス社・社長)の藤田 浩之先生が講演のため、来学されました。

2017年 8月 7日 
坪井昭夫(教授)が 2017年度 武田科学振興財団・
特定研究助成(研究助成金) に採択されましたLink

2017年 7月 20-23日
高橋弘雄 (講師)が 第40回日本神経科学会大会(幕張メッセ)で口頭発表に選ばれ、発表しました。Link)。
Takahashi H
, Asahina R, Yoshihara S, Fujioka M and Tsuboi A.
Neural activity-dependent transcription factor Npas4 is required for neuroprotection and survival after stroke
(Selected in oral presentations).

2017年 5月 17-20日
坪井昭夫(教授)が ギリシャ Chania で開催された Cortical Development Conference 2017: Neural Stem Cells to Neural Circuits で発表しました。
Tsuboi A.
, Asahina R, Yoshihara S, Fujioka M and Takahashi H.
Neural activity-dependent transcription factor Npas4 plays a crucial role in neuronal protection and survival after ischemic stroke.


2017年 5月   
1年生の
森 良太が研究を開始しました。

2017年4月 26-28日
高橋佑佳さん(口腔外科学)が 第71回日本口腔科学会学術集会(愛媛県松山市)で発表し、学会賞優秀ポスター賞 を受賞しましたLink)。
高橋 佑佳, 高橋 弘雄,
坪井 昭夫, 桐田 忠昭
癌胎児性抗原5T4はマウス味蕾幹細胞の維持を制御している


2017年 4月 14日
青山怜史 君(3年生)が 平成28年度リサーチクラークシップ成果発表会 において、優秀賞 を受賞しましたLink)。
Aoyama S
and Yonehara K
生後マウス網膜神経節細胞へのin vivoエレクトロポレーション法による遺伝子導入法の確立

2017年 4月 
坪井昭夫 (教授) 新学術領域研究「適応回路シフト」(小林和人領域代表) の公募班員として、再度採択されました(Link)。


2017年 3月 17日 
高橋弘雄(講師)が第24回中島佐一学術研究奨励賞の受賞者に選ばれましたLink
“健常脳と病態脳における神経回路の再編機構の解明”


2017年 3月 5日
Bio-Protocol 誌に論文が オンライン掲載され、
featured protocol として取り上げられました。
Takahashi H and Tsuboi A.
Olfactory Habituation-dishabituation Test (Mouse)
(DOI: https://doi.org/10.21769/BioProtoc.2154).

2017年 3月 5日
Bio-Protocol 誌に論文が オンライン掲載され、
featured protocol として取り上げられました。
Takahashi H and Tsuboi A.
Olfactory Avoidance Test (Mouse)
(DOI: https://doi.org/10.21769/BioProtoc.2153).

2017年 3月 1日
高橋弘雄(助教)が 講師に昇格しました。

2017年 2月 2日
坪井昭夫
(教授)が大阪商工会議所主催第7回次世代医療システム産業化フォーラム2016 「医工連携マッチング例会」 (神戸商工会議所 神商ホール)で講演しましたLink

2017年 1月 30日
TBSテレビのテレビ番組「 この差って何ですか ?」から取材されました。

2017年 1月 8-12日
高橋弘雄 (助教)が 米国 Resort at Squaw Creek • Olympic Valley・California で開催された "Keystone Symposia: Neurogenesis during Development and in the Adult Brain で発表しました。
Takahashi H, Asahina R, Kitano T, Yoshihara S and Tsuboi A.

Neural activity-induced transcription factor Npas4 is required for neuroprotection and survival after stroke.


2016年 12月 19-20日
坪井昭夫教授)が 新学術領域研究「適応回路シフト」(小林和人領域代表)の第4回冬の班会議(一橋大学・一橋講堂)で口頭発表しましたLink

2016年 11月 30日-12月 2日
高橋弘雄
(助教)が 第39回日本分子生物学会大会(横浜)で発表しました
Takahashi H, Asahina R, Kitano T, Yoshihara S and Tsuboi A.
Neural activity-induced transcription factor Npas4 is required for neuroprotection and survival after stroke.


2016年 11月 3日
フジテレビのテレビ番組「 フルタチさん 」から取材されました。

2016年 9月 28日
MBS(毎日放送)のテレビ番組「 林先生が驚く初耳学! 」から取材されました。

2016年 9月 15日
The Journal of Neuroscience 誌の論文が
朝日新聞 (科学欄 全国版)で紹介されました(記事)。

2016年 8月 12日
The Journal of Neuroscience 誌の論文が 読売新聞 で紹介されました(Link)。


2016年 8月 5日
The Journal of Neuroscience 誌の論文が NHKテレビ (関西 NEWS WEB)で紹介されました(Link)。


2016年 8月 4日
The Journal of Neuroscience 誌の論文が NHKテレビ(ならナビ) で紹介されました(Link)。


2016年 8月 4日
The Journal of Neuroscience 誌の論文が 奈良テレビ (ゆうドキッ) で紹介されました(Link)。


2016年 8月 3日
The Journal of Neuroscience
誌の論文が 朝日新聞デジタル で紹介されました(Link)。

2016年 8月 3日
The Journal of Neuroscience
誌の論文が 奈良新聞 で紹介されました(Link)。

2016年 8月 3日
The Journal of Neuroscience 誌に論文が オンライン掲載され、その表紙を飾りました。
Takahashi H*, Ogawa Y*, Yoshihara S, Asahina R, Kinoshita M, Kitano M, Kitsuki M, Tatsumi K, Okuda M, Tatsumi K, Wanaka A, Hirai H, Stern PL and Tsuboi A. (*co-first authors)
A subtype of olfactory bulb interneurons is required for odor detection and discrimination behaviors.
(doi: 10.1523/JNEUROSCI.2783-15.2016).

2016年 7月 29日
NHKのテレビ番組「あさイチ」から取材されました。

2016年 7月 20-22日
高橋弘雄 (助教)が 第39回日本神経科学会大会(横浜)で口頭発表に選ばれ、発表しました。Link)。
Takahashi H, Yoshihara S, Ogawa Y, Asahina R
, Kitano T and Tsuboi A.
A specific subtype of newborn olfactory bulb interneurons is required for behaviors on odor detection and discrimination.
(Selected in oral presentations)

2016年 7月 5日
The Journal of Neuroscience 誌に私共の論文が受理されました。


2016年 6月 5-8日
高橋弘雄 (助教)が パシフィコ横浜で開催された国際学会 The 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT XVII) のシンポジウムで speaker に選ばれ、発表しました。
Takahashi H, Yoshihara S, Ogawa Y, Asahina R
, Kitano T and Tsuboi A.
A specific subtype of olfactory bulb interneurons is necessary for odor detection and odor-background segregation
. (Selected in a short talk in the symposium) Link

2016年 5月 25日
テレビ朝日の番組「【中居正広のミになる図書館】知らなきゃよかった雑学集」から取材されました。

2016年 4月 21日
日本生化学会
誌に みにれびゅう が掲載されました。  
吉原誠一坪井昭夫
転写因子Npas4による神経活動依存的なシナプス形成の制御機構
生化学 第88巻 第2号 pp.220-224 (2016). doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880220

2016年 3月 28-30日
朝比奈 諒 (研究医枠)が 第121回日本解剖学会総会全国学術集会(福島県郡山市)で口頭発表し、優秀発表賞 を受賞しましたLink)。
Asahina R, Takahashi H, Yoshihara S and
Tsuboi A.
脳梗塞時に発現する神経活動依存的遺伝子Npas4の解析


2016年 3月 25日
The Journal of Clinical Neuroscience 誌にカール室井先生(Kantonsspital Aarau)との共著論文が オンライン掲載されました。
Muroi C, Kashiwagi Y, Rokugawa T, Tonomura M, Obata A, Nevzati E, Tsuboi A., Okuchi K, Mishima K, Abe K and Fujioka M.
Evaluation of a filament perforation model for mouse subarachnoid hemorrhage using 7.0 Tesla MRI (DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.jocn.2015.10.045)


2016年 3月 2-5日
高橋弘雄 (助教)が メキシコ Cancun で開催された 2016 Fusion Conference on Neurogenesis: Implications for Lifelong Development and Disease で発表しました。
Takahashi H, Yoshihara S, Ogawa Y, Asahina R, Kinoshita M and Tsuboi A.

A specific subtype of newborn interneurons in the olfactory bulb is required for behaviors on odor detection and discrimination.


2016年 1月 15日
Receptors & Clinical Investigation 誌に佐藤孝明先生(産総研)との共著論文が オンライン掲載されました。
Sato T, Kobayakawa R, Kobayakawa K, Emura M, Itohara S, Kawasaki T, Tsuboi A. and Matsumura H.
Supersensitive odor discrimination is controlled in part by initial transient interactions between the most sensitive dorsal olfactory receptors and G-proteins. (DOI: 10.14800/rci.1117)


2016年 1月 12日
Frontiers in Neuroscience (frontiers) に論文がオンライン掲載されました Link

Yoshihara S, Takahashi H and Tsuboi A.
Molecular Mechanisms Regulating theDendritic Development of Newborn Olfactory Bulb Interneurons in a Sensory Experience-Dependent Manner.

2015年 12月 22日
Frontiers in Neuroscience (frontiers) に論文が受理されましたLink

Yoshihara S, Takahashi H and Tsuboi A.
Molecular Mechanisms Regulating theDendritic Development of Newborn Olfactory Bulb Interneurons in a Sensory Experience-Dependent Manner.

2015年 12月 16-17日
坪井昭夫教授)が 新学術領域研究「適応回路シフト」(小林和人領域代表)の第2回冬の班会議(東京医科歯科大学 M&Dタワー)で口頭発表しましたLink

2015年 12月 1-4日
高橋弘雄
(助教)が 第38回日本分子生物学会大会(神戸)で口頭発表しましたLink)。
Takahashi H, Yoshihara S, Ogawa Y, Kinoshita M, Asahina R and
Tsuboi A.
A specific subtype of newborn interneurons in the olfactory bulb is required for behaviors on odor detection and discrimination. (Selected in oral presentations)


2015年 11月 14日
高橋弘雄
助教)が 第11回成体脳のニューロン新生懇談会(名古屋)で口頭発表しましたLink)。
Takahashi H, Yoshihara S, Ogawa Y, Kinoshita M, Asahina R and
Tsuboi A.
A specific subtype of newborn interneurons in the olfactory bulb is required for behaviors on odor detection and discrimination. (Selected in oral presentations)


2015年 10月 4-7日
坪井昭夫 (教授)が スペイン Campus Antonio Machado, Baeza で開催された Current Trends in Biomedicine 2015: Development and Adult Neurogenesis in the Central Nervous Systemspeaker に選ばれ、発表しました。
Tsuboi A., Yoshihara S, Ogawa Y, Asahina R, Kinoshita M and Takahashi H.
A specific subtype of interneurons in the olfactory bulb is required for controlling odor detection and discrimination.
(Selected as a speaker)

2015年 9月 20-22日 
坪井昭夫 (教授)が JST・さきがけ研究「認識と形成」研究会 (沖縄科学技術大学院大学で発表しました。

2015年 9月 12日
Scientific Reports (Nature Publishing Group) 誌に佐藤孝明先生(産総研)との共著論文が オンライン掲載されました。
Sato T, Kobayakawa R, Kobayakawa K, Emura M, Itohara S, Kizumi M, Hamana H, Tsuboi A. and Hirono J.
Supersensitive detection and discrimination of enantiomers by dorsal olfactory receptors: evidence for hierarchical odour coding. (DOI: 10.1038/srep14073)


2015年 7月 28-30日
吉原誠一(講師)が 第38回日本神経科学会大会(神戸)で口頭発表しましたLink)。
Yoshihara S, Takahashi H, Kinoshita M, Asahina R and
Tsuboi A.
MicroRNAs downstream of Npas4 that regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons. (Selected in oral presentations)


2015年 7月 28-30日
高橋弘雄
助教)が 第38回日本神経科学会大会(神戸)で口頭発表しましたLink)。
Takahashi H, Yoshihara S, Ogawa Y, Kinoshita M, Asahina R and
Tsuboi A.
A specific subset of newborn granule cells in the olfactory bulb are required for maintaining odor-detection thresholds and acquiring two-odor discrimination tasks. (Selected in oral presentations)


2015年 7月 20日
Handbook of Olfaction and Gustation, Third Edition (Wiley-Blackwel) に総説が出版されました。
Tsuboi A. and Sakano H.
Odorant Receptor Gene Regulation. ISBN: 978-1-118-13922-6 (Amazon).


2015年 7月   
1年生の
青山怜史が研究を開始しました。

2015年 6月 25-26日
坪井昭夫
(教授)が新学術領域研究「適応回路シフト」(小林和人領域代表)の第1回夏の班会議(ホテルグランデコ福島)で発表しましたLink

2015年 6月
におい・かおり環境学会
誌に 総説 が掲載されました。  
高橋弘雄坪井昭夫
嗅覚系におけるCO2センシングの分子機構
J. Japan Association on Odor Environment 第46巻 pp.209-217 (2015).

2015年 6月 1日 
医学科1学年
医学特別講義Tにおける課題のヒントPDF

2015年 5月 30日
坪井昭夫(教授)が 山田科学振興財団 2015年度研究交歓会(東京コンファレンスセンター) で発表しましたLink


2015年 4月 
坪井昭夫 (教授) 新学術領域研究「適応回路シフト」(小林和人領域代表) の公募班員として採択されました(Link)。


2015年 4月   
高橋佑佳さん(口腔外科学)が大学院医学研究科博士課程に入学しました。


2015年 3月 25日
Electroporation Methods in Neuroscience, Neuromethods 102 (Springer Protocols) に総説が出版されました。
Takahashi H, Yoshihara S, Asahina R, Tamada Y and Tsuboi A.
Characterization of newborn interneurons in the mouse olfactory bulb using postnatal electroporation (Amazon).

2015年 3月 21-23日
吉原誠一(講師) 第92回日本生理学会大会(神戸)公募シンポジウム69 「神経発達制御機構研究の新たな潮流(オーガナイザー:秋田 天平先生、山岸 覚先生)で口頭発表しました (Link) (PDF)。
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and
Tsuboi A.
Transcription factor Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons. (Selected in oral presentations)

2014年 12月 6日
吉原誠一(講師)東京大学フューチャーセンターで開催された 「成体脳ニューロン新生懇談会 (オーガナイザー:久恒辰博先生) で口頭発表しました (Link) 。
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R and
Tsuboi A.
Npas4 and 5T4 regulate the sensory experience-dependent development of dendrites in newborn olfactory bulb interneurons. (Selected in oral presentations)


2014年 12月
高橋弘雄
(助教)が アステラス病態代謝研究会平成25年度研究報告会優秀発表賞を受賞しましたPDF

2014年 11月 25-27日
吉原誠一(講師) 第37回日本分子生物学会大会(横浜)公募ワークショップ1W6「神経系の機能とその破綻(オーガナイザー: 星野 幹雄先生、深田 優子先生)で口頭発表しました (Link) (PDF)。
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and
Tsuboi A.
Transcription factor Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons. (Selected in oral presentations)


2014年 11月 2-3日
高橋弘雄(助教)が
Kyushu University Station-I and II で開催された The 12th International Symposium on
Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception
口頭発表しましたLink) (Program)
Takahashi H, Yoshihara S, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and Tsuboi A.
Transcription factor Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons.
(Selected in oral presentations)

2014年 11月 1日
吉原誠一(助教)が 講師に昇格しました。

2014年 10月      
4年生の 朝比奈 諒君が研究室配属しました。

2014年 9月 16-20日
高橋弘雄(助教)が米国 コールドスプリングハーバー研究所 で開催された
"Cold Spring Harbor Meeting: Axon Guidance, Synapse Formation & Regeneration" で発表しました Link
Takahashi H, Yoshihara S, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and Tsuboi A.
Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons.


2014年 9月 14-15日 
坪井昭夫 (教授)が JST・さきがけ研究「認識と形成」研究会 (熊本) で発表しました。

2014年 9月 11-13日
吉原誠一(助教) 第37回日本神経科学会大会(横浜)で口頭発表しました (Link)。
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and
Tsuboi A.
Transcription factor Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons. (Selected in oral presentations)


2014年 9月 1日
AROMA RESEARCH 誌に
Current Topics が掲載されました。  
吉原誠一高橋弘雄坪井昭夫
嗅球ニューロンにおける匂い刺激依存的なシナプス形成の分子機構
AROMA RESEARCH 第15巻 pp.248-249 (2014).


2014年 8月 25日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が 読売新聞 (科学欄 全国版)で紹介されました(記事)。

2014年 8月 21日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が 朝日新聞 (科学欄 全国版)で紹介されました(記事)。

2014年 8月 12日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が QLife Pro (医療 NEWS)で紹介されました(記事)。

2014年 8月 8日
Cell Reports (CELL PRESS) 誌に論文が掲載され、表紙を飾りました
PDF表紙)。
Yoshihara S*, Takahashi H*, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Kitsuki M, Tatsumi K, Furukawa-Hibi Y, Hirai H, Nagai T, Yamada K and Tsuboi A. (*co-first authors)

Npas4 Regulates Mdm2 and thus Dcx in Experience-Dependent Dendritic Spine Development of Newborn Olfactory Bulb Interneurons.


2014年 8月 5日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が 官庁通信 「今日の話題」で紹介されました(記事)。

2014年 8月 1日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が iPS Trend (お知らせ)で紹介されました(記事)。

2014年 8月 1日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が 共同通信 (47 NEWS 医療・健康)で紹介されました(記事)。

2014年 8月 1日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が 産経新聞で紹介されました(記事)。

2014年 8月 1日
Cell Reports (CELL PRESS)
誌の論文が 奈良新聞で紹介されました(記事)。

2014年 8月 1日
Cell Reports (CELL PRESS) 誌に論文が オンライン掲載されました。
Yoshihara S*, Takahashi H*, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Kitsuki M, Tatsumi K, Furukawa-Hibi Y, Hirai H, Nagai T, Yamada K and Tsuboi A. (*co-first authors)

Npas4 Regulates Mdm2 and thus Dcx in Experience-Dependent Dendritic Spine Development of Newborn Olfactory Bulb Interneurons (http://dx.doi.org/10.1016/j.celrep.2014.06.056).


2014年 7月 
坪井昭夫(教授)が 本学特別共同研究助成事業(研究助成金) に採択されましたLink


2014年 6月 27日
Cell Reports (CELL PRESS) 誌に 論文が受理されました。
Yoshihara S*, Takahashi H*, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Kitsuki M, Tatsumi K, Furukawa-Hibi Y, Hirai H, Nagai T, Yamada K and Tsuboi A. (*co-first authors)
Npas4 Regulates Mdm2 and thus Dcx in Experience-Dependent Dendritic Spine Development of Newborn Olfactory Bulb Interneurons.


2014年 6月 9日 
医学科1学年
医学特別講義Tの資料(PDF

2014年 6月   
奥田まみ子さんが技術補佐員として配属しました。

2014年 5月 12-16日
坪井昭夫(教授)がスウェーデン Stockholm で開催された
"Keystone Symposia: Adult Neurogenesis" で発表しましたLink
Tsuboi A., Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and Yoshihara S.
Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons.


2014年 5月      
2年生の三澤 諒が研究医メンター実習で配属しました。

2014年 4月 2-5日
吉原誠一(助教)が米国 コールドスプリングハーバー研究所 で開催された
"Cold Spring Harbor Meeting: Neuronal Circuits" で発表しましたLink
Yoshihara S,
Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Asahina R, Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yamada K and Tsuboi A.
Npas4 regulates the sensory experience-dependent development of dendritic spines in newborn olfactory bulb interneurons.


2014年 4月  
4年生の朝比奈諒と2年生の北野達郎がリサーチアシスタントとして配属しました。

2014年 1月      
4年生の木下雅仁君と政井明子さんが研究室配属しました。

2014年 1月 
藤岡政行先生が博士研究員として配属しました。

2013年10月 16-18日
吉原誠一(助教)が
Matsushima で開催された"神経の再生と分化に関する国際シンポジウム Neurogenesis 2013" で発表しましたLink
Yoshihara S, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and
Tsuboi A.
Npas4 regulates sensory experience-dependent development of dendritic spines in olfactory bulb granule cells.


2013年 9月 14-15日 
坪井昭夫 (教授)が 岡崎基礎生物学研究所「認識と形成」研究会で発表しました。

2013年 8月 
3年生の朝比奈諒(研究医枠)が研究を開始しました。

2013年 8月 
坪井昭夫(教授)が 山田科学振興財団(研究助成金)に採択されましたLink


2013年 8月 12日
テレビ朝日の番組「あっちマニア」から取材されました。

2013年 7月 17日
坪井昭夫 (教授) 千葉大学医学部(発生生物学領域 斎藤哲一郎先生招聘)でセミナーをしましたLink

2013年 7月 3日    
九州大学医学研究院 応用幹細胞医科学講座の中島 欽一先生が講演のため、来学されました。

2013年 7月 1日 
化学と生物(日本農芸化学会誌)の総説が 出版されました。
高橋弘雄坪井昭夫
嗅覚系におけるCO2センシングの分子機構
化学と生物、第51巻、pp.438-440 (2013).

2013年 6月 10日 
医学科1学年
医学特別講義Tの資料(PDF

2013年 6月 2-5 日
坪井昭夫 (教授)カナダ
Toronto で開催された "Cell Symposia: Genes, Circuits & Behavior" で発表しましたLink
Tsuboi A., Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and Yoshihara S.
Npas4 regulates the development of dendritic spines in the newborn olfactory bulb interneurons.

2013年 5月 
高橋弘雄
坪井昭夫の総説が査読の上、受理されました。
嗅覚系におけるCO2センシングの分子機構
化学と生物、第51巻、in press (2013).

2013年 5月 
3年生の朝比奈諒三須政康君が研究医メンター実習に参加しました。

2013年 5月 6-10日
吉原誠一(助教)が
Suzhou Dushu Lake Conference Center で開催された "Cold Spring Harbor Asia Conference, Francis Crick Symposium on Neuroscience: The Changing Brain" で発表しましたLink
Yoshihara S, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and
Tsuboi A.
Sensory input regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.


2013年 3月
27-29 日
坪井昭夫(教授)が 第90回日本生理学会大会(石川義弘大会長) 公募シンポジウム「気体分子のセンシングと生理機能(オーガナイザー: 富永真琴先生、森 泰生先生) シンポジスト として発表しましたLink
Tsuboi A., Yoshihara S, Tamada Y, Hirono J, Sato T and Takahashi H
Molecular Basis of CO2 Sensing in the Mouse Olfactory System.

2013年 3月 15-17 日
坪井昭夫(教授)が 京都大学 で開催された 第14回国際細胞膜研究フォーラム シンポジスト として発表しました(Link)。
Tsuboi A.,
Yoshihara S, Tamada Y, and Takahashi H
Time-lapse imaging of neuronal migration in the mouse olfactory bulb.

2013年 3月 15 日  
宮ア尚也君が医学部修士課程を卒業しました(写真)。

2013年 2月 11-12 日 
東京大学で開催された IIAS International Symposium on "Sensory Systems and Neural Circuits" で発表しました(Link)。
Tsuboi A.
, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and Yoshihara S.
Sensory experience regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.

2013年 2月 3-8 日
坪井昭夫(教授) 米国 Santa Fe で開催された "Keystone Symposia: Neurogenesis" で発表しましたLink
Tsuboi A.
, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and Yoshihara S.
Sensory experience regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.

2013年 2月   
辰巳加奈さんが技術補佐員として配属しました。

2013年 1月     
4年生の西村信城君が研究室配属しました。

2012年12月
11-14日
吉原誠一(助教)第35回日本分子生物学会大会(阿形清和大会長) 公募ワークショップ「脳神経系の形成過程における神経幹細胞の増殖・分化制御(オーガナイザー: 今吉 格先生、三好 悟一先生)発表しましたLink
Yoshihara S, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and Tsuboi A.
Sensory experience regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.

2012年12月
11-14日
高橋弘雄(助教)第35回日本分子生物学会大会(阿形清和大会長) 公募ワークショップ「抑制性ニューロンの機能と病態(オーガナイザー: 有賀 純先生、仲嶋一範先生)発表しましたLink
Takahashi H, Yoshihara S, Tamada Y, Miyazaki N and Tsuboi A.
Time-lapse imaging of neuronal migration in the mouse olfactory bulb.

2012年11月2日 
医学科1学年
医学特別講義II の資料(PDF

2012年10月
坪井昭夫(教授)が 第90回日本生理学会大会(石川義弘大会長) 公募シンポジウム「気体分子のセンシングと生理機能
(オーガナイザー: 富永真琴先生、森 泰生先生) シンポジスト として発表しますLink
Tsuboi A.
, Yoshihara S, Tamada Y, Hirono J, Sato T and
Takahashi H
Molecular Basis of CO2 Sensing in the Mouse Olfactory System
.

2012年 9月18-21日
坪井昭夫(教授)が 第35回日本神経科学大会(貝淵 弘三大会長)
公募シンポジウム「高次嗅覚情報処理の分子基盤」
をオーガナイズして、シンポジストとして発表しました(Link
Tsuboi A.
, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N, Yamada K, Mori K, Stern PL and Yoshihara S.
Sensory input regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.

2012年 9月17-21日
吉原誠一(助教)が 米国 コールドスプリングハーバー研究所 で開催された
"Cold Spring Harbor Meeting: Axon Guidance, Synapse Formation & Regeneration" で発表しましたLink
Yoshihara S, Takahashi H, Kinoshita M, Nishimura N and
Tsuboi A.
Sensory input regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.


2012年 9月15日
坪井昭夫(教授)が 東京大学医学部 で開催された 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク支援ワークショップ
「嗅覚情報処理の神経基盤 - 匂い分子から嗅覚神経回路、行動・情動まで -」 シンポジスト として発表しました(Link)。
”嗅球顆粒細胞における樹状突起の感覚入力依存的な発達機構”

2012年 6月
25日
坪井昭夫(教授)がスウェーデン Stockholm Waterfront で開催された The 16th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT XVI) シンポジスト として発表しました(写真)。
Tsuboi A.
, Takahashi H, Nishimura N, Kinoshita M, Mori K, Stern PL and Yoshihara S.
Sensory input regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb.

2012年 6月12日 
吉原誠一(助教)が第132回奈良医学会において第19回中島佐一学術研究奨励賞を授与されました(写真)。
“嗅球における感覚入力依存的な神経回路再編の分子機構”


2012年 5月
「包括脳ネットワーク」の研究集会サポートプログラム
に応募していたワークショップ「嗅覚情報処理の神経基盤 - 匂い分子から嗅覚神経回路、行動・情動まで -」(山口正洋先生との共同企画)が採択されました。

2012年 5月25日
The Journal of Neuroscience
誌の論文内容

【奈良県立医科大学: たんぱく質「5T4」が神経細胞の発達に重要な役割を果たすことを発見!】

が、
旺文社進学応援サイト「パスナビ」の学校ニュース(学校注目情報)で紹介されました(Link)。

2012年 5月19日
 
宮ア尚也(修士2年)君が京都大学(宇治おうばくプラザ)で開催された第59回日本生化学会近畿支部例会において優秀発表賞に選ばれましたPDF)。

2012年 5月14日
The Journal of Neuroscience
誌の論文内容が、旺文社 螢雪時代 6月号(5月14日発売) で紹介されました(PDF)。

2012年 4月26日    
広島大学 大学院医歯薬学総合研究科 統合バイオ研究室 の内匠 透先生が講演のため、来学されました。

2012年 4月   
橘木美智子さんが技術補佐員として配属しました。


2012年 4月11日
The Journal of Neuroscience
誌の論文内容が、旺文社 螢雪時代 6月号(5月14日発売予定) で紹介されます。

2012年 3月
スウェーデン
Stockholm Waterfront で開催される The 16th International Symposium on Olfaction and Taste
(ISOT XVI)speaker に選ばれました。
Tsuboi A.,
Takahashi H, Nishimura N
, Kinoshita M, Mori K, Stern PL and Yoshihara S.
Sensory input regulates the dendritic development of specific neuronal subtypes in the mouse olfactory bulb
.

2012年 2月21日 
吉原誠一(助教)が第19回中島佐一学術研究奨励賞の受賞者に選ばれました。
“嗅球における感覚入力依存的な神経回路再編の分子機構”

2012年 2月14日
The Journal of Neuroscience
誌の論文が 毎日新聞 (奈良版)で紹介されました(記事Yahooニュース)。

2012年 2月9日
The Journal of Neuroscience
誌の論文が 朝日新聞 (科学欄 全国版)で紹介されました(記事)。

2012年 2月8日
The Journal of Neuroscience
誌の論文が 奈良新聞で紹介されました(記事)。

2012年 2月8日 
The Journal of Neuroscience
誌に論文が 掲載されました
Press Release, PDF)。
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Naritsuka H, Shirao T, Hirai H, Yoshihara Y, Mori K, Stern PL and Tsuboi A.
5T4 glycoprotein regulates the sensory-input dependent development of a specific subtype of newborn interneurons in the mouse olfactory bulb.


2012年 1月 
坪井昭夫(教授)が国立遺伝学研究所「認識と形成」研究会で発表しました。

2012年 1月
第35回日本神経科学大会(貝淵 弘三大会長)
公募シンポジウム「高次嗅覚情報処理の分子基盤」が採択されましたLink

2012年 1月
吉原誠一(助教)がインド TATA研究所 で開催されたThe 19th Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN)で発表しましたLink
Yoshihara S, Takahashi H, Mori K, Stern PL and Tsuboi A.
5T4 glycoprotein regulates the sensory-input dependent development of a specific subtype of newborn interneurons in the mouse olfactory bulb.

2011年12月 
The Journal of Neuroscience
誌に 論文が受理されました。
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Naritsuka H, Shirao T, Hirai H, Yoshihara Y, Mori K, Stern PL and
Tsuboi A.
5T4 glycoprotein regulates the sensory-input dependent development of a specific subtype of newborn interneurons in the mouse olfactory bulb.

2011年12月 
坪井昭夫(教授)が上原記念生命科学財団(研究助成金)に採択されましたLink

2011年12月 
京都
国際高等研究所(IIASで開催された IIAS Research Conference on Frontiers in Neuroscience: From Brain to Mind で発表しました(Link)。
Tsuboi A.,
Takahashi H, Nishimura N, Mori K, Stern PL and
Yoshihara S.
Sensory input regulates the development of a specific subtype of newborn interneurons via 5T4 glycoprotein in the mouse olfactory bulb.

2011年10月21日 
医学科1学年
医学特別講義IIの資料(PDF

2011年10月18日    
東京大学名誉教授(SBIバイオテック(株)代表取締役社長)の新井 賢一先生が講演のため、来学されました。

2011年 9月
スイス
Centro Stefano Fransciniで開催された EMBO Conference: The assembly and function of neuronal circuits で発表しました。
Tsuboi A.,
Takahashi H, Nishimura N, Mori K, Stern PL and
Yoshihara S.
Sensory input regulates the development of a specific subtype of newborn interneurons via 5T4 glycoprotein in the mouse olfactory bulb.

2011年 9月16日 
第34回日本神経科学大会(大隅典子大会長)
公募シンポジウム「嗅覚系における可塑性研究の新展開」で発表しました(写真)。
In: Symposium “Plasticity in the olfactory system - genesis, migration, circuit reorganization and function of adult-born olfactory bulb interneurons”.
Tsuboi A., Takahashi H, Nishimura N, Mori K, Stern PL and
Yoshihara S.
Transmembrane protein 5T4 regulates dendrite arborization of olfactory bulb interneurons in an odor-evoked activity-dependent process.

2011年 8月19日 
高橋弘雄(助教)が新学術領域研究「血管-神経」(高橋淑子領域代表)の夏の班会議で発表しました。
Neural activity is involved in migration and development of newborn interneurons in the mouse olfactory bulb.
高橋弘雄、坪井昭夫 グリーンピア熊本

2011年 7月    
東京大学 大学院医学系研究科 細胞分子生理学の森 憲作先生が講演のため、来学されました。

2011年 5月    
名古屋市立大学 大学院医学研究科 再生医学分野の澤本和延先生が講演のため、来学されました。

2011年 4月 
高橋弘雄(助教)が 新学術領域研究「血管-神経」(高橋淑子領域代表)の公募班員として採択されました(Link)。

2011年 4月   
宮ア尚也君が医学部修士課程に入学しました。

2011年 2月
第34回日本神経科学大会(大隅典子大会長)
公募シンポジウム「嗅覚系における可塑性研究の新展開」が採択されました(Link)。

2011年 1月19日 
The European Journal of Neuroscience
誌の1月号に 論文が掲載されました(Text)。
Tsuboi A., Imai T, Kato H, Matsumoto H, Igarashi K, Suzuki M, Mori K and Sakano H.
Two highly homologous mouse odorant receptors encoded by tandemly linked MOR29A and MOR29B genes differently respond to phenyl ethers.

2010年 12月    
早稲田大学理工学術院 先進理工学部生命医科学科の井上貴文先生が講演のため、来学されました。

2010年 11月 25日 
The European Journal of Neuroscience
誌のオンライン版に 論文が掲載されました(PDF)。
Tsuboi A., Imai T, Kato H, Matsumoto H, Igarashi K, Suzuki M, Mori K and Sakano H.
Two highly homologous mouse odorant receptors encoded by tandemly linked MOR29A and MOR29B genes differently respond to phenyl ethers.


2010年 11月 6-7日 
吉原誠一(助教)が Kyushu University Station-I and II で開催された The 8th International Symposium on
Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception
口頭発表しましたLink

Yoshihara S, Nishimura N, Takahashi H, Mori K and Tsuboi A.
The dendrite arborization of olfactory bulb interneurons in an odor-evoked activity-dependent process.
(Selected in oral presentations)

2010年10月 
The European Journal of Neuroscience
誌に 論文が受理されました。
Tsuboi A., Imai T, Kato H, Matsumoto H, Igarashi K, Suzuki M, Mori K and Sakano H.
Two highly homologous mouse odorant receptors encoded by tandemly linked MOR29A and MOR29B genes differently respond to phenyl ethers.

2010年 9月
独国 European Molecular Biology Laboratory (Heidelberg) で開催された EMBL/EMBO Symposium で発表しました(写真)。
Tsuboi A., Takahashi H, Mori K and Yoshihara S.
Activity-dependent development of olfactory bulb interneurons upon the neural circuit formation.

2010年 7月5日
文科省・特定領域研究「細胞感覚」・夏の班会議のトピカル講演で発表しました。
マウス嗅覚系におけるCO2センサー細胞の解析(坪井昭夫高橋弘雄)札幌市教育文化会館.

2010年 6月11日
Cell
誌のオンライン版に論文が掲載され、表紙を飾り、Leading Edgeで紹介されました(PDF表紙紹介)
Takeuchi H, Inokuchi K, Aoki M, Suto F, Tsuboi A., Matsuda I, Suzuki M, Aiba A, Serizawa S, Yoshihara Y,
Fujisawa H and Sakano H.
Sequential arrival and graded secretion of Sema3F by olfactory neuron axons specify map topography at the bulb.

2010年 6月   
1年生の玉田喜規君、木下雅仁松浦恭平君がリサーチアシスタントとして配属しました。

2010年 5月
米国 Howard Hughes Medical Institute (Janelia Farm Campus) で開催された Olfaction meeting で発表しました写真)。
Tsuboi A., Takahashi, H, Mori K and Yoshihara, S.
Activity-dependent development of olfactory bulb interneurons upon the neural circuit formation.

2010年 4月
Cell
誌に論文が受理されました。
Takeuchi H, Inokuchi K, Aoki M, Suto F, Tsuboi A., Matsuda I, Suzuki M, Aiba A, Serizawa S, Yoshihara Y,
Fujisawa H and Sakano H.
Sequential arrival and graded secretion of Sema3F by olfactory neuron axons specify map topography at the bulb.

2010年 4月    
理化学研究所 脳科学総合研究センターの吉原良浩先生が講演のため、来学されました。

2010年 4月 
坪井昭夫(教授)が特定領域研究「細胞感覚」(富永真琴領域代表)の公募班員として採択されました(Link)。

2010年 4月11日
Molecular and Cellular Neuroscience
誌の論文が 毎日新聞(奈良版)で紹介されました記事)。

2010年 4月6日
Molecular and Cellular Neuroscience
誌の論文が 奈良新聞で紹介されました(記事)。

2010年 4月2日
Molecular and Cellular Neuroscience
誌のオンライン版に 論文が掲載されました(PDF)。
Takahashi, H, Yoshihara, S, Nishizumi H and Tsuboi A.
Neuropilin-2 is required for the proper targeting of ventral glomeruli in the mouse olfactory bulb.

2010年 3月 
Molecular and Cellular Neuroscience
誌に 論文が受理されました。
Takahashi, H, Yoshihara, S, Nishizumi H and Tsuboi A.
Neuropilin-2 is required for the proper targeting of ventral glomeruli in the mouse olfactory bulb.

2010年 3月  
6年生の田口智之君が学長賞と厳橿賞を同時受賞しました。

2009年11月    
自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター教授の富永真琴先生が講演のため、来学されました。
 

2009年10月 
4年生の七浦仁紀君がリサーチアシスタントとして配属しました。

2009年 6月    
理化学研究所 脳科学総合研究センターの御子柴克彦先生が講演のため、来学されました。

2009年 6月    
三菱化学生命科学研究所の井ノ口 馨先生が講演のため、来学されました。

2009年 6月   
1年生の栗本徹君と西村信城君がリサーチアシスタントとして配属しました。

2009年 5月    
神戸大学大学院医学研究科教授の饗場 篤先生が講演のため、来学されました。

2009年 4月   
6年生の澤村正典君が京都大学付属病院の研修医になりました。

2009年 1月    
自然科学研究機構 基礎生物学研究所教授の野田昌晴先生が講演のため、来学されました。

2008年     
4年生の矢野裕之君と吉村希恵さんが研究室配属しました。

2008年 7月
第31回日本神経科学大会(岡野栄之大会長)
公募シンポジウム「神経回路の形成、維持と可塑性」で発表しました(Link)。
In: Symposium “Generation, maintenance and plasticity of neural circuits in the olfactory system.”
Tsuboi, A., Takahashi, H. and Yoshihara, S.
Molecular mechanisms underlying formation of the odor map in the mouse brain.

2008年 6月    
東京大学大学院理学系研究科教授の坂野 仁先生が講演のため、来学されました(プロフィール)。

2008年 
5年生の澤村正典君が業室研究生として配属しました。

2008年 1月
31回日本神経科学大会(岡野栄之大会長)
公募シンポジウム「神経回路の形成、維持と可塑性」が採択されました(Link)。

2007年    
4年生の田口智之君と垂髪祐樹君が研究室配属しました。 

2007年11月    
京都大学再生医科学研究所教授の楠見明弘先生が講演のため、来学されました。

2007年10月    
慶應義塾大学医学部教授の岡野栄之先生が講演のため、来学されました。

2006年10月 
高橋弘雄(助教)が生命システム医科学講座に着任しました。

2006年 9月   
吉原誠一(助教)が生命システム医科学講座に着任しました。

2006年 5月  
坪井昭夫(教授)が生命システム医科学講座に着任しました。

脳神経システム医科学分野