HOME > 病棟・診療科紹介

病棟・診療科紹介

  • A病棟
  • B病棟
  • C病棟
  • D病棟
  • 中央部門

泌尿器科/放射線治療・核医学科

1.どんな病棟・所属ですか?

当病棟は泌尿器科と放射線治療・核医学科の30床混合病棟です。県内での腎移植実施施設であり、また定位放射線療法や小線源療法などの先進医療を提供しています。周手術期から慢性期看護そして終末期を迎えられる患者様の緩和ケアなど、幅広い看護を学ぶことが出来ます。

2.所属PR

スタッフ23名の病棟で、みんな明るく支援しあう病棟です。個々の目標や看護部の理念に基づき患者様にとってよりよい看護とは何かを日々検討しながら努力を重ねています。夏の病院外レクや忘年会での芸能大会、患者さんとともにおこなうクリスマス会などの活動も充実しています。

3.入植を目指す人に一言

多くの患者さん・スタッフとの出会いから自己の看護観を熟成することの出来る魅力ある病棟です。特にスタッフ教育には病棟一丸となる団結力があり職場風土は爽やかです。一緒に働ける日を楽しみにお待ちしています。

神経内科/歯科口腔外科/麻酔・ペインクリニック科

1.どんな病棟・所属ですか?

C棟5階病棟は、神経内科・口腔外科・麻酔科の混合病棟です。 神経内科は、脳梗塞、パーキンソン病、ALSなどの神経難病、口腔外科は口腔顎顔面領域の良性及び悪性腫瘍、顎関節症、口唇口蓋裂などの患者様が入院されています。またペインクリニック科の患者様は帯状疱疹や脊椎疾患などでブロック治療目的に入院されています。乳幼児から老年期までの幅広い患者層が対象となり、急性期から慢性期、ターミナル期に渡った看護を実践しています。

2.所属PR

運動機能の障害を持った患者様が多いため、日常生活援助を中心とした看護を実践しています。神経難病の患者様が多く臥床時間が長く、褥瘡形成をしやすい状況の中でも褥瘡患者が皆無に近いことが自慢です。また摂食・嚥下困難な患者様も多く関わりの中で「食べれる」ことの偉大さを実感できますよ。混合病棟ですが診療科を超えての触れ合いもあり笑顔あふれる病棟です。

3.入植を目指す人に一言

患者様と接する時間も多いので患者様から学ばされることも多く看護師としての喜びを実感できますよ。一緒に「ボケ・ツッコミ」のある笑える病棟で働きませんか?

ページのトップへ

心臓血管外科・呼吸器外科/放射線科(画像診断・IVR)

1.どんな病棟・所属ですか?

心臓・血管・呼吸器外科と放射線科の混合病棟です。心臓・血管・呼吸器外科は手術を目的で術後はICUにて循環動態が安定した後、リハビリ目的で日々看護をしています。放射線科は最新医療のIVRの発達によって、在院日数が短く、浸襲の少ない検査・治療が行われています。また様々な科が入院してきますが、多彩な経験ができます。

2.所属PR

心電図に強くなることができ、循環動態の変化に気付くことができます。 昨年から活き活きと働ける職場づくりを目指して、フィッシュ哲学(仕事を楽しむ、相手を喜ばす、態度を選ぶ、仕事や相手に関心を向ける)を取りいれて、チームワークに優れた日々明るく、働きやすい職場を目指しています。

3.入植を目指す人に一言

混合病棟であり忙しい毎日ですが、急性期からターミナル期・最新医療の看護ができます。Drカンファレンスや病棟内研修でスキルアップができ、看護師としてやりたいことが見つけられる場所です。スタッフ一同皆さんを待っています。

ページのトップへ

循環器・腎臓・代謝内科

1.どんな病棟・所属ですか?

循環器・腎臓・代謝内科病棟では、急性期から回復期、慢性期、終末期まで幅広い看護を実践しています。生活習慣病に関連した疾患が多いため、指導などを通じて患者さんとの関わりを大切にして日々取り組んでいます。

2.所属PR

心臓・腎臓・呼吸器・糖尿病の4つのグループに分かれて活動しています。お互いに研鑽し、知識・技術の向上に努めています。また患者参加型の看護を目指し、ウォーキングカンファレンスを毎日実施しています。忙しい中でもスタッフのチームワークは最高です!

3.入植を目指す人に一言

看護の幅は広く、やりがいはあります。みなさんが安心して働けるように教育プログラムを計画して、スタッフ全員でサポートしています。一緒に笑顔で、患者さんのケアに取り組んでいきましょう。

ページのトップへ

呼吸器・血液内科/感染症センター

1.どんな病棟・所属ですか?

呼吸器内科と感染制御内科の混合病棟です。呼吸器内科は男性患者さんが多く、疾患の中で多いのは肺癌で治療の中心は化学療法です。慢性的な疾患の患者さんも多く生活指導が重要です。 感染制御内科は感染に関するあらゆる疾患に対応しています。奈良県のHIV拠点病院でありセンター機能も持ち合わせています。

2.所属PR

上は皆さんのお母さんの年代のNs〜下は今年度就職したピチピチ1年生Ns。何でも語り合える仲間達です。病状によって厳しい状態の患者さんもいらっしゃいます。患者さんだけでなく家族にも寄り添ったケアを心がけています。スポーツ用の重りを足首につけて業務についている「重りチーム」?が存在します。日々体力をつけケアに励んでいます。

3.入植を目指す人に一言

看護師の仕事は大変な仕事です。命の大切さももちろんですが人と人のつながりも多く学べる職業です。学んできた知識を生かし共にがんばりましょう!

ページのトップへ

Copyright © 2014 NARA Medical University Hospital. All Rights Reserved.