学科概要

教育目標

近年の医療・福祉を取り巻く環境の変化に対応し、多様なニーズに応えるために医学教育と連携し高度な技術や知識を身につけるとともに、豊かな心を涵養し、幅広い知識と国際感覚を身につけ、地域保健医療活動の中心的役割を果たすことができる看護専門職を育成するための専門教育を行います。

アドミッションポリシー

本学は、医療の分野において看護学の立場から社会に貢献できる人材を育成するため、次のような資質を持った人を求めています。

ディプロマポリシー

所定の期間在学し、カリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、履修規程で定められた卒業に必要な単位を修得することが学位授与の要件である。卒業時には以下の能力が求められる。

学科長メッセージ

看護学科長 成人急性期看護学教授 石澤 美保子 看護学科長 成人急性期看護学教授
石澤 美保子

看護とは、健康にかかわる日々の生活を支える営みであり、看護学とはそのための知識・技術を体系化した学問といえます。
看護学の道を志す人にとって大切なことはなんでしょうか。それは、人の心を察すること、想像できることはもとより、その人にとって最適な心身の健康状態は何かを考える努力を惜しまないことだといえます。

看護職の活躍の場は、病院や医療施設にとどまらず、企業や研究所、教育機関など数多くの場所に拡がりをみせています。
さらに看護師の特定行為研修制度など法整備が進み、看護職の活動内容そのものの拡がりも顕著になってきています。
このように、看護界を取り巻く状況は年々目まぐるしく変化しています。
本学入学後は、医療・社会情勢、保険制度の動向をとらえ、他大学にない一歩先を見据えた意識を育むべく、最新の教育を教員一同で目指しています。