資格・進路

卒業後の資格・進路

奈良県立医科大学 医学部看護学科

国家試験受験資格 [ 看護師・保健師※1 ]
卒業 [ 学士(看護学)を取得 ]

就 職

  • 病院
  • 診療所
  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 訪問看護ステーション
  • 市町村保健センター
  • 保健所
  • 企業の健康管理室

進 学

大学院看護学研究科
(修士課程)

保健師国家試験受験資格:学内選考により保健師課程を専攻した者(20 名)が取得出来ます。

助産師国家試験受験資格:大学院(修士課程)で助産学実践コースを専攻した者が取得出来ます。また、本学卒業後直ちに本学大学院へ進学する者は、入学料が免除されます。

国家試験合格率

  看護師 保健師
平成29年卒 100% 100%
平成30年卒 100% 100%
平成31年卒 96.4% 100%

就職・進学実績

主な進路

就職先

【看護師】
奈良県立医科大学附属病院、国立病院機構奈良医療センター、奈良県総合医療センター、近畿大学医学部奈良病院、大阪市立大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、大阪国際がんセンター、京都大学医学部附属病院、神戸赤十字病院
【保健師】
県内の自治体は複数採用)
奈良県・奈良市・生駒市・香芝市・五條市・桜井市・葛城市・天理市・橿原市・宇陀市・斑鳩町・安堵町・田原本町・三宅町・吉野町・大淀町・天川村・下北山村・山添村・奈良県警

県外の自治体は複数採用)
京都府・京都市・木津川市・精華町・大阪府・大阪市・東大阪市・豊中市・枚方市・八尾市・西宮市

進学先

【大学院】
奈良県立医科大学大学院看護学研究科、名古屋市立大学院看護学研究科、大阪府立大学看護学研究科、日本赤十字看護大学院

卒業生からのメッセージ

  • 平成24年看護学科卒業
    奈良県立医科大学附属病院 助産師
    園田 紗弓

    私は専門学校卒業後、本学の看護学科に編入し、その後大学院に進学して助産師免許を取得しました。専門的な勉強はもちろんですが、「考える力」「発表力」を養えたことが大学での大きな魅力かと思います。附属病院で臨床実習ができることも本学の大きなメリットと思います。実習でお世話になった指導者や見知ったスタッフたちと働ける今の環境は就職直後からの安心感が大きいです。志を同じくする仲間とともに本学で夢に向かって充実した学生生活を送ってください。また同じ職場で働けることを楽しみに待ってます。

  • 平成25年看護学科卒業
    奈良県立医科大学附属病院 看護師
    徳田 卓也

    私は本学の看護学科卒業後、附属病院の整形外科、呼吸器内科・感染症センターに勤務し7年目になります。在学中は、授業や実習と忙しく大変なこともありましたが、仲間と共に充実した日々を過ごしていました。当初は保健師になることを目指していましたが、臨床の現場で勤務する中でやりがいを感じ、看護師として勤務しています。臨床の現場では困難なこともありますが、学校で学んだ知識と日々の経験を活かし患者さんに看護を提供しています。
    皆さんも是非、本学で素敵な仲間を作り、夢に向かって充実した学生生活を送ってください。

  • 平成26年看護学科卒業
    奈良県立医科大学附属病院 助産師
    富澤 薫子

    私は本学の看護学科卒業後、本学大学院に進学し助産師免許を取得、助産師として勤務して4年目になります。助産師として働く中で今現在の私がいるのは、大学の附属病院があり様々な看護場面をみることができる恵まれた環境で深く看護を学び視野を広げられたことや、大学・大学院時代に親身になって支えてくださった先生方・切磋琢磨し支え合ってきた仲間たちがいたおかげだと感じています。皆様もぜひ本学で先生方からたくさん学び、素敵な仲間を作って充実した学生生活を送ってください。

  • 平成27年看護学科卒業
    奈良県立医科大学附属病院 助産師
    柘植 由紀美

    私は本学の看護学科を卒業後、附属病院のNICU で2 年間勤務し、中学の頃からの夢だった助産師を目指して大学院助産学実践コースに進学しました。今年の3 月に卒業し、現在は助産師1 年目として働いています。在学中は課題や実習で忙しく、大変なこともありましたが、同じ志を持つ仲間に支えられ、充実した日々を送ることができました。先生方の熱心かつ親身なご指導から、看護師・助産師の魅力が感じられ、自分のなりたい看護師・助産師像を形成していくために良い環境だと思います。皆さんもぜひ、本学で夢に向かって頑張ってください。

  • 平成28年看護学科卒業
    斑鳩町保健センター 保健師
    橋本 佳奈

    私は卒業後、1 年の看護師経験を経て保健師になり今年で3年目になります。最初は保健師について、漠然としたイメージでしたが、授業を通してなりたいと思うようになりました。まだまだ学ぶことも多いですが、学生時代や看護師時代の経験も活かしながら日々頑張っています。
    学生生活では、実習や記録など大変なこともあると思いますが、頼れる先生や仲間と乗り越えた経験は大きな強みになるはずです。また、本学での学びで看護師だけでなく、保健師や助産師など様々な可能性が広がります。皆さんも大学生活を満喫しつつ、自分の進む道を見つけてください。

  • 平成28年看護学科卒業
    奈良県立医科大学附属病院 看護師
    中川 媛世

    私は本学看護学科を卒業した後、大学院看護学研究科へ進学・学位取得し、現在は附属病院で看護師として2年目になりました。看護学科入学当初は、大学院への進学は考えていませんでしたが、学部での仲間や先生方との出会いが、新たな目標につながりました。同じ夢をもつ友人との学生生活は、とても充実した日々でした。
    実習など大変なこともありますが、同じ目標を持つ仲間がいることや、先生方との出会いはかけがえのないものになると思います。皆さんも本学で、充実した学生生活を送ってください。

  • 平成29年看護学科卒業
    生駒市役所 保健師
    岡﨑 かおり

    私は本学を卒業後、生駒市に保健師として就職し3 年目となりました。現在は高齢者の介護予防や認知症施策に携わっています。高齢者の持つ力や輝きに日々驚き、事業を通して元気を取り戻した高齢者がまた地域で活躍する姿を間近に見れ、継続した関わりを持てる地域保健活動に魅力を感じています。
    在学中は部活やアルバイト等勉学以外にも毎日忙しいですが、その経験や友人との交流が今を支えています。親身に相談にのってくださる先生方や友人、先輩、後輩等たくさんの人との関わりや大学での多くの学びを大切にし、夢に向かって頑張ってください。

  • 平成30年看護学科卒業
    奈良県立医科大学附属病院 看護師
    平井 彩夏

    看護師である母の影響で私も看護師になりたいと思い、本学を受験しました。学生生活は課題に追われる毎日でしたが、同級生と支え合いながら無事に乗り越えることができました。私は在学中に在宅看護領域に興味を持ち、3 回生から在宅看護特別教育プログラムを受講しています。就職後もそのプログラムに沿って神経内科病棟での勤務を10 ヶ月間行い、現在は訪問看護ステーションで勤務しています。病棟での経験を活かしながら、自宅で療養される方を看護できることに日々生きがいを感じています。皆さんも是非本学の看護学科で学び、自分の興味のある道に進んでください。