難聴・補聴外来
受診のご案内 研修のご案内 研究実績 関連病院
奈良県立医科大学 奈良県立医科大学附属病院 奈良県立医科大学附属病院 臨床研修センター
トップページ > 専門外来紹介 > 難聴・補聴外来
  • 耳科・神経耳科外来
  • めまい・耳手術外来
  • 難聴外来
  • 難聴・補聴外来
  • 小児難聴外来
  • 耳鳴・顔面神経外来
  • 鼻副鼻腔・アレルギー外来
  • 腫瘍外来
  • 音声外来

難聴・補聴外来

難聴の診断と治療

難聴をきたす疾患には、突然耳が聞こえなくなるもの、徐々に悪化していくもの、よくなったり悪くなったり変動するものなど様々です。また治療については難聴の種類により異なってきます。
当外来では難聴の原因について聴覚検査や画像診断を用いて精査、診断し、疾患に応じた適切な治療を行うことを心がけています。

補聴外来

難聴に伴うコミュニケーション障害に対応する代表的な方法に補聴器の装用があります。補聴器は音を信号処理し増幅することで聞き取りの手助けを行います。聴覚障害には個人差があり、補聴器をフィッティングするためにはそれぞれの障害の程度に応じて調整する必要があります。
当外来では医師、言語聴覚士、認定補聴器技能者が協力し補聴器のフィッティングを行います。フィッティングした補聴器がきちんと耳に合っているかどうか補聴器適合検査を行い診断します(図1)。検査内容は音がどの程度聞こえるようになったかだけではなく、言葉の聞き取り、雑音に対する許容度、雑音下での聞き取りに関する評価も行っています。

図1 補聴器適合検査の検査風景

図1 補聴器適合検査の検査風景

対処困難な症例に対応するための新しい補聴器の開発

1.軟骨伝導補聴器

図2 軟骨伝導補聴器

図2 軟骨伝導補聴器

外耳道が閉鎖あるいは難治性の耳漏がある場合、通常の補聴器では対応が困難です。このような例ではこれまで骨導補聴器で対応する必要がありましたが、装着部の圧痛、発赤、凹みや固定のためにヘッドバンドを装着する必要があるなどの欠点があります。耳の後ろに手術でネジを取り付けて音を聞かせる新しいタイプの骨導補聴器がありますが、手術が必要であること、創部の感染などの問題があります。

我々は耳の軟骨にある種の振動子を接触されることで良好な聞こえが得られることを発見し、軟骨伝導と名付けました。この軟骨伝導を用いて外耳道閉鎖症の方でも快適に使用できる補聴器の開発を行ってきました。軟骨伝導補聴器の外観を図2に示します。見た目は通常の耳かけ型補聴器とほぼ同じであり、装着するために振動子を圧着する必要はありません。現在実用化に向けて臨床試験を実施しています。これまで多数の外耳道閉鎖症の方に試していただき良好な聞こえが得られています。手術の必要もなく装用感に優れており、多くの症例で高い満足度が得られています。

2.骨導超音波補聴器

図3 超音波補聴器

図3 超音波補聴器

音が全く聞こえない、もしくはほとんど聞こえない状態であれば、補聴器をしても十分な効果を得ることはできません。そのような最重度難聴者であっても使用可能な補聴器を開発するため、骨導超音波を利用した補聴器の研究を行っています。

通常では音が全く聞こえない最重度難聴者であっても、骨導で超音波を聞かせると聞き取れる方がおられます。超音波を会話音で変調することで言葉の情報を超音波を用いて伝えることができます。これまでの基礎ならびに臨床研究で、健聴者では骨導超音波であっても言葉を聞き分けできることが明らかとなり、音が全く聞こえない最重度難聴者であっても健聴者には劣るものの言葉の聞き分けが可能であることが分かりました。さらにリハビリを行うことで骨導超音波語音の聴取能が改善することが分かりました。図3に超音波補聴器の試作機を示します。実用化することができれば最重度難聴者であっても手術なしに利用できる補聴手段になると考えられます。