研修目標・概要

奈良医大は今、臨床研修改革に熱くもえている!

研修目標

○どこにも負けない研修医を養成する
○忙しくとも楽しい(知的に)研修
○十分な症例経験
○十分な臨床手技経験

卒後臨床研修センター概要

センター長:赤井 靖宏(地域医療学講座教授)
副センター長:仲西 康顕(整形外科学)
副センター長:川田 靖之(事務)
事務担当:吉田 俊昭 平石 達郎 野 馨 松浦 章子 竹田 さなえ 吉川 美奈子

主な活動

研修医のサポート

臨床研修には、多くの事務手続きが必要です。また、研修医の希望に則したローテーションの作成は、すべて研修センターが担当しています。さらに研修中に生じた問題に関して、臨床各科との調整なども行っています。

研修内容の検討・改革

本学附属病院における臨床研修をより有意義にするために、研修内容改善に向けた取り組みをたゆみなく行っています。これには、研修センターが中心となって研修医から受けた研修評価を若手指導医を中心としたワーキンググループに提示し、研修管理委員会への積極的な提言を行って研修内容改善を働きかけています。

研修医向けレクチャー開催

研修医向けのレクチャー開催は研修センターの重要な役割のひとつです。研修医が知るべき多くの事項に関するレクチャーを定期的に開催しています。

このページのTOPへ