輸血検査
輸血検査は「安全」・「適正」を第一に、「緊急性」に即した輸血検査を24時間体制で実施しています。  

1.輸血前検査
ABO血液型/RhD血液型
 輸血を実施する為には、血液型検査は必ず必要です。ABO血液型は、赤血球のA型およびB型抗原の検出を目的としたオモテ試験と、血清(血漿)中に存在する抗Aおよび抗B抗体の検出を目的としたウラ試験を実施後、総合判定します。
 検査は、2人の技師が別々に、自動化機器を用いてカラム凝集法(Column Agglutination Technology:CAT)で検査した結果と試験管法で検査した結果を総合的に確認した上で、検査管理システムに登録しておきます。

■ 赤血球不規則抗体スクリーニング検査
輸血時に問題となるABO血液型以外の因子(不規則抗体)を調べる検査です。
検査は、自動化機器を用いカラム凝集法による酵素法と間接抗グロブリン試験法を実施しています。

■ 交差適合試験
輸血の直前に、輸血用血液製剤と患者様の血液との組み合わせが輸血に支障をきたさないかを調べる検査です。
   検査は、試験管法にて生理食塩水法と間接抗グロブリン法を実施します。

■ 抗血小板抗体検査
抗血小板抗体が産生されているかいないかを調べ、患者様に適合する血小板を選択するのに必要な検査です。抗血小板抗体には、同種抗体と自己抗体が存在します。同種抗体には、抗HLA(human leukocyte antigen)抗体、抗HPA(human platelet antigen)抗体などがあり、血小板輸血不応状態(platelet transfusion refractoriness:PTR)の他、輸血後紫斑病や新生児同種免疫性血小板減少症などの原因となります。
検査は、混合受身凝集(mixed passive humagglutination:MPHA)法を用いて実施します。

■ 直接・間接抗グロブリン試験   
・直接抗グロブリン試験:自己免疫性疾患・新生児溶血性疾患などの診断、不適合輸血、薬剤による有害効果に有用です。
 ・間接抗グロブリン試験:血漿中のIgG抗体の存在を調べる検査です。

2.輸血
■ 通常輸血に際しては、ABO/Rh(D)血液型が同型の輸血用血液製剤を準備し、間接抗グロブリン試験陰性を確認した上で出庫します。
但し、緊急性を伴う場合には、緊急度に即した輸血検査を実施しています。

■ 以下の緊急時には、ABO血液型不一致による溶血性副作用が起こらない「O型赤血球製剤(red cell concentrate:RCC)」や「AB型新鮮凍結血漿(fresh frozen plasma:FFP)」を用いた緊急措置をとります。
@ 出血性ショックの為、患者様のABO血液型を判定する時間的余裕のない場合
A 同型が不足した場合
B 緊急時に血液型判定が困難な場合等

■ 事前の輸血検査にて稀な血液型であることが判明した患者様へは、日本赤十字血液センターと連携し、患者様にとって安全な輸血用血液製剤を準備します。

■ 赤血球不規則抗体を保有する患者様への通常輸血時には、患者様にとって安全な輸血用血液製剤を選択(適合血)し、準備しています。

■  輸血事故防止マニュアルを院内で共有し、輸血事故防止に努めています。