自己血採血輸血

■ 自己血輸血とは?


自分の手術の際に、あらかじめ、もしくは術中に自分の血液を採取し、必要時に輸血する方法。
 <<自己血輸血の種類>>
◆ 貯血式(術前貯血法)
:手術前に術中出血量にみあう血液を採血・保存し、術中・術後にその自己血を戻し
輸血する。
◆ 回収式(術中血液回収法)
:手術中に血液を回収し、戻し輸血をする。
◆ 希釈式(術直前採血) 
:手術直前に採血し、血液量の不足分を代用血漿で注入する。
術中・術後に自己血を戻し輸血する。


■ 自己血輸血の利点・欠点


<<利点>>
◆ ウィルスなどの感染症の予防
◆ 同種免疫の予防
◆ 不規則抗体が産生されない
◆ 不規則抗体保有者に適合血が確保できる
◆ 未知の病原体の伝播がない
◆ 輸血後移植片対宿主病(輸血後GVHD)がない
◆ 輸血関連急性肺障害(TRALI)がない

<<欠点>>
◆ 患者自身がドナーであり、健常者に比べてリスクが高い
◆ 高齢者が多いので若年健常者に比べてリスクが大きい
◆ 貯血の際に、血管迷走神経反射(VVR)が起こりうる
◆ 循環動態への悪影響に対して配慮が必要
◆ 貯血・保存中に細菌感染・細菌増殖が起こりうる
◆ 輸血過誤を起こしたときの感染症伝播への危険性が高い
◆ 輸血用血液の確保量に限界がある
◆ 採血・保管・管理に人手や技術が必要となる


■ 自己血採血の適応・基準 


◆ 日本輸血学会「貯血式自己血輸血療法のガイドライン」
◆ 厚生労働省「採血及び保管・管理マニュアル」    に基づいて策定。
◆ 貯血量は、最大手術血液準備量(MSBOS)に基づき各科主治医が決定する。

■ 当院輸血部における自己血輸血


当院では、各診療科が個別に行なっていた自己血採血を、1998年より輸血部で行なうようになり、飛躍的に貯血式自己血輸血(術前貯血法)が増加した。現在に至るまで輸血部では、採血実施、保管、管理を行っている。
依頼科は主に、整形外科、産婦人科、泌尿器科、消化器外科であるが、小児科、皮膚科、心臓血管外科、口腔外科など全科に及び、患者の状態に応じた貯血を行っている。また、妊婦の貯血は、産科医の管理のもと各科外来・病棟で行っている。
H17年9月厚生労働省医薬食品局血液対策課の「輸血療法の実施に関する指針(改訂版)」より、「自己血輸血は院内で実施管理体制が適正に確立している場合は、同種血輸血の副作用を回避しえる最も安全な輸血療法であり、待機的手術患者における輸血療法として積極的に推進する」と提示され、年6回の輸血療法委員会で自己血輸血の実績の報告、さらに自己血輸血の推奨を行い、実施、管理に努めている。
 患者の自己血採血計画は、各科診療科医師により決定され、輸血部で貯血実施している。ベッド数2床の輸血部自己血採血室があり(末梢血幹細胞採取も同室で行っている)、1日約1〜6名の患者を輸血部医師1名、専属看護師1〜2名が自己血採血を担当している。自己血採血マニュアルの作成、採血計画表での患者スケジュールの管理、問診表による患者の体調確認など、誰が見ても分かるシステムを作成し、患者にとって安心して採血に望める環境づくり、安全・安楽を目標とし、日々業務にあたっている。
 H17年12月からの電子カルテ導入により、患者の情報が共有しやすくなっただけでなく、自己血採血マニュアル・採血記録を電子カルテ上に掲載することで、各診療科でも簡単に閲覧できるようになり、院内全体での安全・確実な輸血管理を目指す。

 


■ 当院輸血部取り扱い自己血輸血の種類


・貯血式(術前貯血法)
a) CPD―A液加全血液状保存(採血日を含め35日間有効)
b) MAP液状保存(採血日を含め42日間有効)・・・・・日赤血液センターでMAP・FFPに分離、保存。
*ただし、凝固因子の補充・除去などの特別な理由のある場合に限る

 

■ 自己血採血時のインフォームド・コンセント


自己血輸血を行う場合には、主治医が自己血輸血についての説明と、同意を紙面で得る。
<<説明内容>> 
1. 手術に際して、ある程度の出血が予測され、輸血を必要とする場合があること。
2. 輸血を行なわない場合のリスク。
3. 輸血の選択肢としては、自己血輸血と同種血輸血があること。
4. 同種血輸血には、副作用や合併症をきたす可能性があること。
5. 自己血輸血の意義とリスク
6. 必要量の貯血を行うには日時を要すること。
7. 貯血を行うために血液型や感染症の検査が必要であること。
(※注:HIV検査を行なうには患者の同意書が別途必要である)
8. 万全の対応にもかかわらず、保存中のバッグの破損や、細菌汚染により使用不可能となる場合があり得ること。
9. 貯血量が不足の場合や予測以上の出血により、生命に危険がある場合には、同種血輸血を併用することがあること。
10. 輸血を必要としなかった場合には、自己血は他患者への転用は出来ず、廃棄となること。 

 


■ 自己血採血手順


T、予約
1. 主治医が電子カルテより自己血採血(貯血日・貯血場所・手術予定日)をオーダーする。
2. 患者に「同意書」と「術前貯血式自己血輸血を受けられる方へ」の説明用紙で説明。
3. 採血計画表を準備し、血液型、感染症のほか、他科受診、検査などが重なっていないかをチェックする。

<<採血計画表記載事項>>
●電子カルテより    
・血液型
・細菌・ウィルス感染症
・採血日
・手術予定日
・採血量          など

●初回採血時確認事項  ・同意書の確認
            ・アレルギーの有無
            ・合併症(高血圧・心疾患・リウマチ)
            ・日常生活動作(ADL)状況 など

●各採血時確認事項   ・血圧・体温・脈拍・VVR
            ・採血開始・終了時間
            ・穿刺部位
            ・止血状況
            ・前回貯血後の身体変化    など 
   

 

U、自己血採血室での採血
1.採血前
@ 各科主治医のオーダーにより採血実施。
A 各科主治医は自己血採血前日、又は当日に末梢血の確認を行い、患者の貧血状態を確認しておく。
B 採血当日に、多重検査、他科受診がないことを確認。
※絶食が必要な検査がある場合、造影検査、アイソトープ検査など時間調整する。
C 自己血輸血説明と同意書を、患者の署名、押印など確認し、自己血採血室にカルテとともに提出。
D 採血可能か各科主治医が確認後、自己血採血室へ電話連絡し、自己血採血実施とする。
E 患者が自己血採血室へ出室の際、飲水制限を確認したうえで、水分の持参を説明する。   (採血後の水分バランスの補正のため水分摂取をうながす)
F 自己血採血室前廊下に、「自己血採血について」の説明ポスターを掲示。採血までの待ち時間に見てもらい、イメージできるようにしている。
G 採血前に採血の流れ、所要時間等の説明を行い、体重、体調、睡眠、食事摂取状況を確認。
※ 空腹時には、軽く飲食をさせてから採血を行なう。(VVR出現予防のため)
H 排尿を済ませているか、貯血後に摂取してもらう水分が準備できているかを確認しベッドへ誘導。
I 血圧、脈拍、体温測定。

2、患者自己血ラベルの確認
@ ラベルは、血液型により色分け(A型:黄  B型:白  AB型:ピンク  O型:青)をおこなっている。
A 患者に貯血前に採血ラベルの内容を確認。
● 氏名(漢字・ふり仮名・など)
● 血液型
● 手術予定日
● 採血日
● 有効期限
● 生年月日
● 性別
● 診療科
B 「自署欄」に患者自身に記入してもらう。
※注 署名が困難な場合(未成年・認知力低下・視力、聴力低下・上肢の機能不全等)は家人に代筆してもらい、代筆者の名前、続柄も記入する。

3、採血実施 
@ 「日本赤十字血液センター業務標準」に準じる。
A VVR発生予防のため、自動採血器は使用しておらず、血液と抗凝固剤との混和作業は、看護師が手動で行っている。
B VVR、類似症状出現時は、厚生労働省「採血及び保管・管理マニュアル」に準じて対応、処置する。
C 採血後は、少量の飲水促し、気分不良がないか確認のうえ退室する。



■ 貯血後の患者への説明


◆ 採血穿刺部の疼痛、腫脹の出現時は、病院へ連絡すること。
◆ 飲酒はひかえ、食事、水分をしっかり取るように。(治療上水分、食事制限が必要といわれている方は医師の指示に従ってもらう。)
◆ できるだけ、車の運転は控えるように。(高齢の方は、家族の方の送迎や付き添いをおすすめします。)
◆ 帰宅途中で気分の悪くなった場合には、横になって頭を低くして安静にすること。
◆ 採血直後から夕方、翌日にかけて体のだるさや脱力感、めまいなど起こる可能性がある。激しい運動、労働は避け、休養をとるように。
◆ 入浴は、シャワー程度にしておく。
◆ 造血剤の注射や鉄剤の内服薬について。
◆ バランスの良い食事をしっかり摂取すること、鉄分を多く含む食品を意識的に摂取すること。

>ページトップへ