ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 臨床研究センター

ここから本文です。

更新日:2022年2月10日

臨床研究センター

センターの紹介

 kasaharacentercho2奈良県立医科大学附属病院臨床研究センターは2015年10月1日にそれまでの治験センターと統合し、新しく臨床研究センターとして新たに活動を開始しました。当センターでは企業主導治験の受託のみならず、医師主導治験や幅広い臨床研究の運営・実施にいたるすべてにおいて質の高い臨床研究が行えるよう目指しています。

われわれの活動の目的は、革新的な治療法や治療薬、機器開発の支援にあります。産学連携事業の創出もセンターの重要なミッションです。変化の激しい臨床研究開発領域において研究者を積極的に支援するだけでなく、各企業との連携を重視し橋渡し役として研究者や企業のポテンシャルを引き出します。臨床研究開発において重要なことは、シーズ探索から臨床応用まで到達する事です。我々のこれまでの幅広い経験と実績で、研究者に立ちはだかる困難を解決し、研究相談からライセンスアウトまでシームレスなサポート体制の構築を目指しています。

市販後臨床試験は大規模なものになることが多く、多施設共同試験が中心となります。当センターでは、奈良県立医科大学の独特のシステムにより、他大学(ARO)や他企業(CRO)に比較しても極めてフレキシブルで競争力の高い支援センターとなっております。

すべてのAROは創出するエビデンスのレベルの高さが問われます。より高い目標に向かって臨床試験を実施していくにあたり、当センターでは以下のことを目指します。

①重要なクリニカルクエスチョンを基本とする
②倫理的・医学的に正しい考え方を用いる
③試験を最後まで到達させる
④正確な方法でデータ処理を行う
⑤試験結果を正しく判断する
⑥得られた成果を正しく発表する

これらの目標は一見簡単なことに思われがちではありますが、研究を正しく行うために我々が最も重要視する部分であり、これに賛同して頂ける研究者に当センターを利用して頂けることが、当センターの誇りです。

奈良県立医科大学附属病院臨床研究センター
センター長 笠原

センター独自のページへのリンク

診療科

循環器内科 腎臓内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・代謝内科 感染制御内科
脳神経内科 消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科
歯科口腔外科 産婦人科 眼科 小児科 精神科
皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線・核医学科 放射線治療科
麻酔科 救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科
リハビリテーション科 呼吸器外科 糖尿病・内分泌内科 腫瘍内科    

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 遺伝カウンセリング外来
セカンドオピニオン外来 妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来
乳房再建外来
リウマチ外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター
母体・胎児集中治療部門
総合周産期母子医療センター
新生児集中治療部門
感染症センター 精神医療センター  
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
乳腺センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター 中央材料室
遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部 栄養管理部
臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室 臨床研究センター
めまいセンター 脳卒中センター  入退院支援センター