ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 放射線治療科

ここから本文です。

放射線治療科

診療科の紹介

放射線治療・核医学科_画像1「放射線治療」と「核医学治療(RI内用療法)」という二つの分野を担当しています。
ここで言う放射線治療とは、エックス線などの放射線によるがんの治療のことを指し、最先端の技術による「切らずになおす治療」として注目されています。がんの種類によっては、手術と同等の効果が得られ、さらに手術できないがんの一部にも有効です。また、がんによる苦痛の軽減(緩和)にも役立っています。核医学治療は、薬品から放射線が出てくる「放射性医薬品」を使用しておこなう治療のことを言います。

診療内容

  • 放射線治療:がんをなおすことを目的とした根治的な治療から、痛みや苦痛をやわらげる目的の緩和治療までおこなっています。がんの形にあわせて正確に放射線を照射する治療(強度変調放射線治療、定位放射線照射、他)、画像診断の技術を利用して正確に位置をあわせる治療(画像誘導放射線治療)が可能です。治療装置については、高精度の放射線治療機器であるリニアック3台(TrueBeam、TrueBeamSTx、Trilogy)と、子宮がん、前立腺がんなどの局所治療用の小線源治療装置1式(Microselectron HDR)があり、小線源治療室内には同室設置のCTと、線源の位置確認ができる透視装置も完備されています。また、前立腺がんの永久挿入小線源治療装置1式(VariSeed)も稼働しています。毎日、多数の患者さんの診察、治療を行っていますが、大部分の患者さんは他の診療科や他の病院からの紹介です。各科と連携して抗がん剤や手術などと放射線を組み合わせる治療もおこなっています。
  • 核医学治療:放射性医薬品が、がんなどに特異的に取り込まれる特徴を利用して治療をおこないます。

対象となる疾患

  • 放射線治療:多くの腫瘍(特にがん)が治療の対象になります。脳腫瘍(原発性、転移性)、頭頸部がん(喉頭がん、咽頭がん、口腔がん、他)、食道がん、肺がん、乳がん、前立腺がん、子宮がん、悪性リンパ腫、骨腫瘍(原発性、転移性)、軟部腫瘍(肉腫)、皮膚がんなどの治療をよくおこなっています。ただし、がんの種類によって、手術の方が望ましい場合、手術と放射線治療が同等の場合、手術ができなくても放射線でなおせる場合などがあります。がんの脳転移、骨転移などは緩和目的の放射線治療の対象になります。
  • 核医学治療:甲状腺がん、前立腺がんの骨転移、悪性リンパ腫の一部、およびバセドウ病が対象です。

受診される方へ

病気の治療法、検査法は、必ずしもひとつとは限りません。病気の種類、進行度、体の状態、年齢、その他によって複数の治療、検査などが選択肢になる場合もあります。「放射線治療」と「核医学治療」は、一般の診療とはやや異なりますので、まずは、現在受診されている診療科の先生とよくご相談いただき、その上で放射線治療科の受診もご検討下さい。なお、不明な点などがありましたら、外来窓口までお問い合わせください。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器内科 腎臓内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・代謝内科 感染制御内科
脳神経内科 消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科
歯科口腔外科 産婦人科 眼科 小児科 精神科
皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線・核医学科 放射線治療科
麻酔科 救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科
リハビリテーション科 呼吸器外科 糖尿病・内分泌内科 腫瘍内科    

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来
リウマチ外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター
母体・胎児集中治療部門
総合周産期母子医療センター
新生児集中治療部門
感染症センター 精神医療センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
乳腺センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター 中央材料室
遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部 栄養管理部
臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室 臨床研究センター
めまいセンター 脳卒中センター