患者さんへ

患者さんへ

治験とは

薬が開発されることによって多くの人々が病気から救われてきました。
私たちの生活において、薬は病気の治療や予防に欠かすことができない大切なものとなっています。
薬として使用されるようになるためには、厚生労働省で審査を受け承認されなければなりません。
薬として承認を得るためには、健康な人や患者さんにご協力していただき、科学的に薬の効き目(有効)、副作用(安全性)を調べる必要があります。
有効性や安全性を調べる臨床試験を「治験(ちけん)」といいます。
治験は人を対象としていますので薬事法とGCPのもと厳しく行われ、患者様の人権や安全を守り、適正に実施されるようになっています。
GCP:Good Clinical Practice「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」

臨床研究・治験の枠組み

薬が出来る流れ図

みなさんが使っている「くすり」は、とても沢山の研究・試験を経て作られています。

治験とは