奈良県立医科大学皮膚科学教室

診療内容について

皮膚科では

皮膚疾患一般の診療に加え、アレルギー性皮膚疾患、ウイルス性皮膚疾患、膠原病、水疱症、皮膚腫瘍、その他、専門的な検査・治療が必要な皮膚疾患の患者を受け入れております。
アレルギー疾患、薬疹などでは、治療とともに検査をきめ細かく行い、原因究明に努めています。皮膚腫瘍の手術に関しても形成外科と連携して、QOLをできるだけ向上させるような方法を工夫しております。
特に皮膚がんに関しては診断、手術、化学療法など奈良県ではトップクラスの実績を有しています。


外来診療

一般外来、検査、日帰り手術を主に行っています。代表的な疾患は、薬や金属、紫外線などのアレルギー、アトピー性皮膚炎、乾癬、皮膚感染症、脱毛症、水疱症、白斑、膠原病、やけど、とこずれなど難治性皮膚創傷、悪性や良性の皮膚腫瘍など様々です。


入院治療

重症皮膚疾患を治療します。(重症薬疹、皮膚がん、水疱症など)、皮膚がんの手術ではリンパ節への微小転移の有無を確認する「センチネルリンパ節生検」といった先端医療を取り入れています。乾癬の治療では生物学的製剤による治療施設の認可を受けています。脱毛症のステロイドパルス療法も行っています。


パッチテストなどアレルギーの皮膚テストが可能です。

ダーモスコピーやエコー検査を活用し、診断に役立てています。

UVA、ナローバンド紫外線治療装置、サーモグラフィー、血管腫やいぼ治療のレーザー機器も配置しています。



外来担当医

     
1診 浅 田 宮 川 小 川 浅 田 新 熊
2診 松 本 宮 本 西 村 新 熊/岡 村 光 井
3診 中 西 岩 佐 大 山 正 畠 濱 田
•日本皮膚科学会認定専門医研修施設    認定医12名
•日本アレルギー学会教育施設       認定医1名
赤字は女医です。


外来担当医変更のお知らせ(10月)





  • 10月より火曜日の2診が服部から宮本に変更


尚、急遽担当医が変更になる可能性があります。
    詳しくは皮膚科外来にてご確認下さい。




通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき対象患者さんから直接同意を取得する代わりに、研究の目的を含めて情報を公開し、更に拒否の機会を保障する方法があります。このような手法を「オプトアウト」と言います。 研究のために自分のデータが使用されることを望まれない方は、各研究の担当者までお知らせください。



皮膚科専門医
( 現在 12名の専門医がおります )

初診の方
( 初めて・または他の診療科を初めて受診される方 )

再診の方
( 以前受診された診療科を受診される方 )

ページのトップへ戻る