めまい・耳手術

担当医師
山中敏彰松村八千代大山寛毅

はじめに

めまい・平衡障害と中耳炎など耳の病気を専門的に診察し治療する外来です。めまいセンターと共同で行っております。

めまい

図1:平衡機能検査

めまい・ふらつきは様々な原因で生じる現代病です。

内耳の障害によるめまいを内耳性めまいといい、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎などが代表疾患です。また、椎骨脳底動脈循環不全や聴神経腫瘍などの中枢性めまいもありますし、その他自律神経失調、更年期障害、血圧異常、ストレスやむち打ちの後遺などによって起こることも少なくありません。これらを平衡機能検査(図1)や画像検査など最新の検査で的確なめまいの診断を行います。

なかには原因がよくわからないこともありますが、この場合にはめまいの経過をみることが必要です。

治療

治療は、生活指導や薬物治療、理学治療、運動療法、手術治療など、いろいろな治療手段を用いて集学的に行っております。

  1. まず、薬物療法を行いますが、必要最小量で最大の効果を発揮する薬物選択を行います。
  2. 同時に、食事や嗜好品、睡眠、ストレスなど、生活習慣を整えることも大切で、そのような生活指導も行います。
  3. めまいが慢性化した場合には理学療法(リハビリテーション)や運動療法を行います。 体にもともと備わっている回復力を呼び起こし、平衡感覚を復活させることを目的としています。診察時に指導し、あとは自宅で自分のペースで行うことができます。
  4. 図2:感覚代行バランストレーニング法
    重症化した場合には、当科で開発した機器を用いた感覚代行バランストレーニング法(図2)で治療を試みます。
  5. これらの治療で治らないめまいには手術が考慮されます。めまいの原因になっている慢性中耳炎(真珠腫)に対しては中耳手術、メニエール病・良性発作性頭位めまい症、外リンパ瘻に対しては内耳手術を行います。

耳手術

この外来では、めまい以外にも耳の手術を必要とする病気を専門的に診察しています。

最新の装置や方法を駆使して、安全に、確実に、手術を行うことを心掛けております(図3)。

図3:顕微鏡下側頭骨手術

病気には、慢性中耳炎や真珠種性中耳炎、原因不明な伝音難聴、顔面神経麻痺、めまい疾患などが該当します。慢性中耳炎や真珠種性中耳炎、鼓膜穿孔には鼓室形成術という手術が行われます。顕微鏡を用いて完全に病変を取り除き、新しく鼓膜や耳小骨を再建します。とくに真珠種性中耳炎は、放置しておくと骨を溶かして奥へ広がって、髄膜炎や顔面神経麻痺など重大な合併症を引き起こす危険があるので、早めの手術をお薦めします。原因不明の伝音難聴には、難聴を改善するために、耳小骨再建術やアブミ骨手術という手術を行います。治らない顔面神経麻痺には、顔面神経への圧迫を取り除く減荷術が有効のことがあります。病気の進み具合を考えて、よいタイミングで手術を検討します。また、めまいを繰り返して日常生活や仕事に支障が出てくる場合には、内リンパ嚢開放術や半規管遮断術など、めまいを改善させる手術を検討します。

以上の手術を受ける際には、通常7-10日の入院期間が必要になりますが、病気によっては短い期間で行うこともできますので、ご相談ください。

このように、病気によっていろいろな治療方法があります。手術しなくても治るのか、それとも手術したほうがいいのか、最新の検査を行って正確に診断します。そして、手術が必要ならどんな手術方法がよいのか、最善の治療法を考えます。