ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 地域医療連携室

ここから本文です。

地域医療連携室

部門の紹介

地域医療連携室_画像1私たちは「良質で安心・信頼のできる医療サービスの提供」を目標に掲げ、地域における当院の果たすべき役割を考えながら日々活動をしています。
現在、紹介患者さんの予約診療や入院患者さんの退院調整、地域医療連携パスを主な業務として、地域の医療機関との密接な連携体制を構築し、運営しております。

部門内容

  1. 【初診紹介患者予約診療】
    紹介患者さんの診療の待ち時間短縮や目的に合った専門医の診察を受けていただくため、地域医療連携室を窓口として、全ての診療科で初診紹介患者さんの予約診療を実施しています。診察予約の受付は医療機関からの申し込みに限りますので、まず「かかりつけ医」や他の医療機関で診察を受けられ、紹介状をお持ちの上で受診していただくことを原則としております。
  2. 【退院調整】
    入院患者さんが当院での治療を終了し退院される際、当室の看護師と医療ソーシャルワーカー(MSW)が患者さんの状況に合わせて在宅サービスの紹介や転院先の紹介等、退院後の療養の支援をいたします。退院後の療養生活に不安があり、相談をご希望される場合は、まず主治医か病棟看護師にお伝えください。
  3. 【地域医療連携パス】
    地域の病院やかかりつけ医の先生と当院の医師が、患者さんの治療経過を共有できる「治療計画書」のことです。入院から退院、通院までの治療過程がよく分かり、患者さんにとって自己管理がしやすく、安心して安全に治療に参加できるというメリットがあります。パスは担当医の判断により患者さんへの説明と同意によって利用が決まります。その際は当室が運用のサポートを行います。

パスの種類・・・脳卒中/虚血性心疾患/緩和ケア/眼疾患/5大がん(胃がん・肺がん・肝がん・大腸がん・乳がん)

医療機関の方へ

当院では、県内の医療機関、人事交流のある関連病院、その他近隣の医療機関等との連携を強化し、患者紹介及び逆紹介の推進を図りたいと考えております。予約診療のための『診療情報提供書(兼)予約診療登録票』の書式を作成しておりますので、ぜひご活用ください。また、地域の医療機関と相互に協力して、患者さんのニーズに応えた一貫性のある医療を提供するため、相互がより緊密な医療連携を図る体制を整備することを目的に、「連携登録医制度」を設けています。懇話会の開催や地域医療連携室だよりの発刊も行っておりますので、制度の内容やお申し込み方法については、地域医療連携室のホームページをご覧下さい。

各部門独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター