ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 乳腺センター

ここから本文です。

更新日:2019年1月7日

乳腺センター

部門の紹介

近年、乳がんの増加は著しく、また、最近の乳がん治療の進歩は顕著であり、特に薬物治療においては、新規の薬剤導入が非常な勢いで進み、複雑化しています。そのため、診断および治療には専門性の高いチーム医療が必要とされています。このような背景から、平成30年11月乳腺センターを新たに開設いたしました。当センターは、主に乳がんの診断・治療を行うほか、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)などの遺伝性疾患の相談も行っています。 

診療内容

当センターでは、乳腺外科専門医、乳房再建用エキスパンダー/インプラント治療責任医師の資格を持つ形成外科医、日本内視鏡外科学会技術認定医、放射線診断医、病理診断医、放射線治療専門医、がん治療認定医、マンモグラフィ撮影診療認定放射線技師、がん化学療法・緩和ケア・リンパ浮腫などの専門看護師など,多くの職種の専門家が適宜連携を取りながら、おひとりおひとりの患者さんに最新かつ最善と思われる乳がん診療を行っています。手術については、通常の乳がん手術以外に形成外科とともに乳房再建術を行っているほか、できる限り小さな傷で手術を行う低侵襲手術として、内視鏡補助下に行う鏡視下乳房切除術も積極的に行っています。

対象となる疾患

主に乳がんを対象としていますが、葉状腫瘍などの手術適応の境界病変である腫瘍の診断、治療も行なっています。その他、遺伝性乳がんなどで乳腺を摘出する必要性のある疾患も対象としています。
 

受診される方へ

外来診療では、3名の常勤医師の他、2名の非常勤医師が中心となって診療を担当いたします。常勤医師3名の内、2名が女性医師です。曜日にかかわらず希望があれば女性医師の診察を受けていただくことができます。
原則として乳腺センターへはかかりつけ医からの紹介を必要としています。かかりつけの医師からの紹介状をお持ちください。
何かご不明な点、お困りのことがございましたら、いつでも乳腺センター外来までご連絡下さい。

各科外来診療医予定表ページへ
各部門独自ページへ

診療科

循環器内科 腎臓内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科
脳神経内科 消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科
歯科口腔外科 産婦人科 眼科 小児科 精神科
皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科
麻酔科 救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科
リハビリテーション科 呼吸器外科      

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター めまいセンター 脳卒中センター 乳腺センター